« February 2007 | Main | April 2007 »

2007.03.31

●独り遊び.夜桜

毎春恒例、夜桜見物へ出掛けてきました。
四時前に仕事を片し、吉田茂カビネットとネクターアンペリアル片手に四谷の土手っ縁へ。 流石に寅刻ともなると人影も皆無、昼間の喧騒が嘘のように寂寞としています。

矢張り夜桜は俗っぽくなくて宜しいです。

070331042132_5

|

2007.03.30

●東京ミッドタウン.グランドオープン

近所なので散歩がてらに足を運んでみました。
平日の昼間という事もあり、思った程の混雑ぶりではありません。寧ろ印象としては空いていた感、観光シーズン真っ只中のミヤコに較べれば許容範囲内です。

取敢えず目的らしきものは一つだけありまして、グランドオープン記念に販売される萩ガラスがお目当てでした。モノはまぁ普通でしたがオープン記念&御祝儀も兼ねて購入、今日からお店で使います。

敷地内はそんなに煩瑣としておらず、思ったより解り易かったです。
パーク&ガレリア、ガーデン&檜町公園を少しばかり探訪しましたが、HPでスクーリングした甲斐もあり迷子にならずに済みました。

ただ、こーいう華やかな場所は矢張り私には向いていなかった事を付記して終わりにしておきます。


追記 ここって赤坂九丁目なんです…一応。

http://www.tokyo-midtown.com/jp/

|

2007.03.28

●観桜.国立劇場

陽春の候 麗かな芳辰日和も宜しく。
こういう日は開店準備も程々に、ロブスト片手に漫ろ歩きなぞを。
弁慶橋~四谷真田掘~千鳥ヶ淵~国立劇場の桜ルートを辿ってみましたが、染井吉野は何処も三分~五分咲き程、満開は週末頃になりそうです。

国立の方は開花時期の早い品種が多く、艶やかな咲きっぷりでした。070328174437_1070328174546_1 070328174206_2

左から
駿河 (山桜群.園芸品種 白色)
 やや小ぶりの清楚な白色、こんもり錐状に固まって開花します。満開間近。
神代曙 (江戸彼岸群.園芸品種 淡紅色) 
 染井吉野より紅淡が濃く、房花数も多いので艶っぽい感。満開間近。
八重紅枝垂 (江戸彼岸群.園芸品種 淡紅色)
 京都にも多い品種、通称遠藤桜。まだ早いようです。

明日くらいには夜桜でも見に行ってきます。

|

●桜彼是.嵯峨.嵐山

旧嵯峨住民として、桜花紅葉の季節にあまり良い思い出はありません。
家の近所に出掛ける事も儘ならない程の人、人、人…。
更に散り初め新緑の時期には、毛虫、毛虫、毛虫…。
子供心にもヒジョーに難儀な季節でした。
それが虎馬なのかは兎も角、東下後十数年、未だ四月に帰京した事は皆無です。

と戯言はさておき、少しばかり地元の桜紹介でもしておきます。

嵐山の桜は、足利尊氏が天龍寺を建立した際、後醍醐天皇供養の為に吉野から移植したなぞと云われていますが、どうやら眉唾で大分遡り、後嵯峨上皇が亀山殿造営の折に吉野から移植した事由が本当のようです。
なので当然山桜(佐野、嵐山といった派生品種も含む)が中心ですが、1959年に植樹された枝垂桜、関山に代表される八重桜も順調に生植しており、染井吉野や江戸彼岸は矢張り少数派となっています。

因みに現在嵐山一帯の桜樹は約5000本、そりゃ花見にも来るものでしょう…

|

2007.03.27

●歳時記 開花宣言.洛中

『京都地方気象台(京都市中京区)は25日、近畿のトップを切って桜の開花を宣言した。満開は1週間後の見込み。平年より6日早く、昨年より2日早い。
 この日の最高気温は17・7度(平年14・5度)で4月上旬並みの暖かさだった。気象台敷地内の標準木には、暖かさに誘われるように、淡いピンクの花が10輪程度咲いた。いまにも咲きそうなほどに膨らんだつぼみも鈴なりになっていた。
 同気象台は「今年の冬は暖かい日が続いたが、3月は寒い日も多かった。寒さがいい刺激になり、平年より早い開花につながったのでは」と話している。』 文.写真共に京都新聞3/25朝刊より

20070326


一昨日、京都でも開花宣言とのこと。

ただ、照準木はソメイヨシノ(中京.京都気象台)ですから、あまり参考にはなりません。
枝垂、山桜、手弱女、嵐山、衣笠、佐野、御室、祇王寺祇女…。
あちらの桜は色々ですから。

|

2007.03.24

●檸檬忌

三月二十四日は梶井の日、「檸檬忌」です。
殊更彼に傾倒していた訳ではありませんが、学生時代に丸善でアルバイトをしていた縁もあり、毎年ささやかに偲んでいます。
(今となってはその丸善も無くなってしまいましたが…)

という訳で、今日は店内色々な所処に檸檬が転がっています。
勿論カルフォルニア産、寺町二条経由。

B_008B_012B_010     B_011_1B_004B_005





そう言えば「櫻の樹の下には」の砌も、もうすぐです。

|

2007.03.23

●御詫び

本日三月二十三日(金)、諸事情により開店時間が一時間半ほど遅れてしまいました。
六時から七時半頃に御来訪頂いた方々には深く陳謝申し上げます。

流石に金曜にズル休みするほど強気ではありません…
店主敬白

|

2007.03.21

●「酒ほがひ」 高田馬場

目白田中屋の仕入れ帰りに途中下車、昔一緒に仕事した知己の店へお邪魔しました。
新宿西口で名を馳せ、現在は高田馬場で一本立ちしています。
まぁ此方も身内みたいなもので、昔話を酒盗に楽しませてもらいました。 
                  

Image3_1

 

・高田馬場 ドミンゴ‐フェリペ‐ハシント‐ダリ‐ドメネク   (本名)
 新宿区高田馬場1-29-6  野菊ビル2F

Bar SALVAdoR サルバドール

|

●節気.春分

本日は祝日の為御休みです。
お天気も宜しく、自宅周辺逍遥なぞをしてみました。
日祝の赤坂界隈は例によって人通りも疎らで静かなものです。

弁慶橋辺り、四谷真田掘、千鳥ヶ淵、乃木神社…。
徒歩、自転車併用で桜巡りをしてみましたが、開花宣言とは云ってもこの辺りの櫻蕾はまだ固いまま。花弁が綻び始めるのはもう少し先のようです。

却って清水谷公園では春の野花が開き始め、時候の装いを醸し出していました。
(左から三椏、土佐水木、射千) 070321175153_2070321175348_1070321211704_1




と、ブログみたいなことを書いてみました。やれば出来るもんです。

|

2007.03.18

●「酒ほがひ」 西麻布

東下以降、十年来で一番御世話になっている所処。
土曜日に早終い(ズル)した際は大体此処で飲っています。

唯、カウンターで逆転相対すると、途惑う事この上無しです(汗×10)。…

03_1
・西麻布 グラスのぶら下っている入口
 港区西麻布2-10-2 五十嵐ビル1F

無垢

|

●「酒ほがひ」 湯島

「コスモポリタントーキョー」と言えども日曜日に酒場を探すのは中々至難の業でして、ましてやそれが全幅の信頼を置ける所処であれば尚更です。
と云う訳で遅まきながらの2007年東京酒場逍遥、一軒目は矢張り此方になりました。

あまり多くを語る必要の無い所処です。

004_1



・湯島 ヨークシャーテリア(白黒)と猫数匹
 文京区湯島3-45-3

EST! エスト

|

2007.03.17

●八坂さん…

知らない間に、こんなことになっていました。

Index09_2P2007031500158_2









『京都・四条通りの東端にある八坂神社(京都市東山区)の西楼門(重要文化財)が94年ぶりに修理されることになり、15日、工事が始まった。瓦をすべてふき替え、合わせて朱色も塗りなおす。
西楼門は石段下から記念撮影する観光客も多い「東山の象徴」だが、工事のためにすでに囲いですっぽりと覆われている。7月の祇園祭の間も覆われたままで、11月に化粧直しを終えた姿を見せる。
(…中略…)
平安時代末期から鎌倉時代初期の歌人藤原俊成が「祇園百首」に詠んでおり、そのころの創建といわれる。応仁の乱で焼失し、1497(明応6)年に再建された。1912(明治45)年に解体修理、13(大正2)年の四条通の拡張に合わせ、やや北東の現在の場所に移された。』  京都新聞3/16朝刊より

まぁ94年振りな訳ですから、こういう光景を見られるだけ貴重なのかも知れません。
あと補足説明として[三間一戸 楼門、入母屋ではなく切妻造としている珍しい形式]であることを付け加えておきます。

|

2007.03.15

●来月の定休日 【卯月】

  • 4月1日日)  定休日
  • 4月8日(日)  定休日  
  • 4月15日日)  定休日
  • 4月22日(日)  定休日
  • 4月28日(土)  (多分休むと思います)
  • 4月29日日)  定休日
  • 4月30日(祝  祝定休日

           
    以上です。宜しくお願い致します。
    ゴールデンウィークの予定は四月上旬にまとめてご報告致します。

|

2007.03.14

●「都をどり」 届きました

祇園町から春の歳時記が届きました。西田さん、いつも有難う御座います。

B_006_3
miyako.odorihttp://www.miyako-odori.jp/

|

2007.03.13

●ブログB面 その後

作成後、一ヶ月が経過した「裏ブログ(B面)」ですが、漸くホームページからのコラム引越しも一段落、あと数点を残すのみとなりました。
で、却ってあっち側の方がアクセス頻度が良いくらいで、取敢えずデータバンクとして活用されている様子です。
当初の予定通りちゃんと住み分けが出来ているみたいで、よかったよかった、と。

と言う事で御報告まで、でした。

http://bamboo-bar2.cocolog-nifty.com/blog/

|

2007.03.11

●「THE SCOTCH」 17YEARS OLD

・マスターピース その6

ブログにて酒類関係の記述をすることはなるべく避けています。
但し例外というのはあるもので、この一本だけは外せませんでした。
私がウイスキーなるものを初めて美味いと思った、云わばこの職業に就くきっかけを与えてくれたモノなのです。以来十余年、銘酒なるものには多々出会いましたがこれだけは今でも特別な一本です。

006_1

と云う訳で、「ザ.スコッチ」と呼ばれていた頃のB17年(ダイヤシール使用)です。

|

2007.03.10

●土曜日だけ

今日から土曜日限定で二階東司のBGMを変えてみました。
土曜の夜っぽい、少し懐かしい曲目宜しく。

但し一階は相変わらずそのままです。

|

2007.03.09

●雲井窯さんの「信楽焼 御飯炊土鍋」

・マスターピース その5

Kama

最も手放せない台所アイテムの一つ。
嗚呼今日も御飯が美味しい。

|

2007.03.07

●細川某さん作「ぐい呑」

・マスターピース その4

Hosokawa_1
昨年末、西麻布某店にて拝領致しました。
陶磁については素人ですが、造形の妙味と高台の雰囲気が気に入っています。

専ら軟らかいウイスキー用に使っています。

|

2007.03.06

●「酒ほがひ」 松本

毎年の事ですが私め、冬場になると週末は上越やら白馬やらに遠征しており、殆ど東京にはおりません。
と云う訳で、松本の酒場にチラホラ出没していたりするのです。

こちらのマスターは業界で夙に知られている著名な方、私が以前務めていたお店に来て戴いたのが御縁のきっかけでした。
以来ちょくちょくお伺いしていますが「一寸した旅情気分」も手伝って何時も心地よく酔わせて頂いてます。

唯恨めしく思えるのは、あずさ最終の時刻があまりにも早すぎる事でしょうか。

003_2
・パルコと千歳橋の間のブリティッシュローズ
松本市中央2-3-24 二階

メインバー コート MAIN BAR COAT

|

2007.03.03

●ズル休み

本日三月三日(土)は臨時休業となります。
御注意下さい。

|

2007.03.02

●室礼 炭床終い

すさまじきもの
「三月四月のぬくき日に火いこらす炭櫃、地火炉。」

などと清女に嘲られるのも嫌なので、昨日で炭床終いとしました。
暖冬の影響もあり、昨年より半月以上早めの片付け。
次冬の炭床開きまで暫くお休みです。

Hibate1_1

Hibati2   

|

●祝 二周年

知人のお店が昨日で二周年を迎えました。
六本木交差点の少し下に行った処、二階のパブです。
もう一昔前の話になりますが、私と一緒にカウンターに立っていたいた子の店でして、まぁ身内みたいなものです。
先月には中野に二号店を開店、順調のようで喜ばしいことです。


・六本木のパブ(ブラッセリー?)&バー 緑色の看板
港区六本木5-1-5 加藤ビル 2階

|

2007.03.01

●表構え・弥生

Sturae_2
萌黄地につなぎ団子文様、
三月から春暖簾に衣替えです。

軒端のしつらえも甲部紋提灯、一足早めに「ヨーイヤァサー」モードです。

|

« February 2007 | Main | April 2007 »