« ●花街のこと | Main | ●販売速報 07年.夏初月版 »

2007.04.11

●続.花街のこと 

昨日、京都花街について簡単に打ち綴ってみたのですが、何か失念しているような…。
考えてみると、現今の私は住職共に赤坂なのでした。と云う訳で、

「あかさかな 夢をみさせる 左褄」 
地元、赤坂花街の御紹介なぞも。


赤坂をどり 
赤坂芸妓衆の演舞会。昨年十月三日に十年振り祝復活。今年も行われる予定。
参考までに、料亭7軒程、芸妓約30名強。流派は藤間流。

「花街赤坂」の成立は明治初期頃ですが、当時は新橋や日本橋界隈、深川などに比べ下位とされていました。その後大正期にかけて政治家、官庁関係の需要により繁栄、スーパーアイドル萬龍を筆頭に菊龍.一龍.金龍…、数多の名妓を輩出しました。
昭和初期には浅草.新橋.芳町.神楽坂.柳橋と並び東京を代表する花街となります。(当時は帝都トーキョーにも33の花街(遊廓含)が存在していました)
戦後も社交界の奥座敷として新橋と共に東京花街の中心的存在として隆盛を誇っていました。

嘗て東京花街の元気だった頃には、都をどり(祇園)、東をどり(新橋)と比肩し、歌舞伎座で盛大に行われていたらしいのですが、私もその頃事については存じ上げません。
昨年は久方振りと云う事もあり紀尾井ホールで慎ましやかに行われましたが、何分キャパがキャパなもので…。何せ芸達者の赤坂芸者衆のお披露目なのですから、今年はもう一寸大きい所処での開催をお願いします。
今年で48回目の予定。


私信 ハマモト君、神楽坂をどりのレポート宜しく。

|

« ●花街のこと | Main | ●販売速報 07年.夏初月版 »