« ●近況報告 | Main | ●大掃除 »

2007.04.28

●鴨川.皐月床

「鴨川をどり」と並ぶ五月の風物詩、皐月床(早床)。
一年経つのは早いもんです。

P2007042600179納涼床の組み立て急ピッチ
5月1日「皐月の床開き」


京の夏の風物詩、納涼床の組み立てが、京都市中京区から下京区にかけての鴨川沿いで5月1日の「皐月(さつき)の床開き」に向け急ピッチで進んでいる。
三条大橋の北側では1週間ほど前から、鉄骨や木の柱での組み立てが始まり、工事のつち音が高まっている。中京区木屋町通三条上ルの焼肉店は床を新調した。手際良く床板を加工して並べていた大工の内藤幸治さん(29)=右京区=は「お客さんは素足で来るので、わずかな凸凹や段差もないように仕上げます」と話していた。

今年、二条-五条通間の鴨川右岸に納涼床を出すのは92店。6月の「本床開き」に先駆け、ゴールデンウイークの観光客を取り込もうと、1999年から大半の店が営業を1カ月早めている。
(文.写真共に京都新聞4/27朝刊より)

|

« ●近況報告 | Main | ●大掃除 »