« ●一葉の便り  | Main | ●「酒ほがひ」 縄手四条上ル »

2007.05.02

●「皐月床」 はじまりました

P2007050100167 『京都の夏の風物詩、鴨川の納涼床が1日、床開きした。京都市内は午前中からの雨が夕方には上がり、市民や観光客が床の風情を楽しんだ。
鴨川右岸に床を出す京都鴨川納涼床協同組合の92店のうち、初日は82店が開業した。床開きに合わせて、中京区の料理旅館「幾松」では、祇園祭の長刀鉾祇園囃子(ばやし)保存会の35人がひと足早く「コンチキチン」の音色を披露し、舞妓さんがもてなした。
友人と訪れた左京区の会社員長谷川剛さん(27)は「京都の夏が来たという気持ちになる」と話していた。床開きから1時間ほどして再び雨が降り始め、大半の客は室内に引き上げたが、手ぬぐいをかぶったり、傘をさして最後まで床を楽しむ人も見られた。』 (文.写真共に5/2京都新聞朝刊より)


|

« ●一葉の便り  | Main | ●「酒ほがひ」 縄手四条上ル »