« ●鳴滝 三寶寺 | Main | ●愛宕さん »

2007.07.31

●祇園祭り 其の19

祇園祭も茅の輪くぐりを以ってフィナーレ、七月も終わりとなります。
明日から月代わり、茹だる暑さも愈々本格化。

只、今年の夏も短そうです。

P2007073100064祇園祭を締めくくり  八坂神社で「夏越祭」
1カ月にわたる祇園祭を締めくくる「夏越祭(なごしさい)」が31日、京都市東山区、八坂神社境内の疫(えき)神社で催された。神社の関係者や神輿(みこし)会、山鉾町の役員に加えて一般の参拝者も多く訪れ、直径2メートルの茅(ち)の輪をくぐって無病息災を願った。


午前10時に始まった。森寿雄宮司が「季節外れの台風があったが、祇園祭はおおむね滞りなくすんだ。山鉾と神輿を見られるありがたさを今年もしみじみと感じた」とあいさつした。照りつける太陽のもと、参列者は汗をぬぐいながら茅の輪をくぐり「蘇民将来(そみんしょうらい)子孫也」と書かれた疫病退散のお札を受けた。
八坂神社の夏越祭は、祭神・スサノオノミコトが旅の途中で蘇民将来の厚いもてなしを受け、返礼に「蘇民将来子孫也」の護符を持つ人は疫病を退けると約束した故事にちなむ。疫病退散を祈る祇園祭の最後に、蘇民将来を祭神とする疫神社で夏を無事に過ごすことを祈る神事として知られている。
(文.写真共 京都新聞7/31より)

|

« ●鳴滝 三寶寺 | Main | ●愛宕さん »