« ●赤坂再開発.進行状況 | Main | ●歳時記 七夕 »

2007.07.06

●祇園祭 其の4

吉符入りも昨日が最後。各山鉾町では「コンチキ」囃子や「いつもは出ません♪今日かぎり~」呼び声のお稽古も盛んになるでしょう。
来週には鉾立て、山立ても始まります。

P2007070500195「太平の舞」優雅に  祇園祭 長刀鉾の吉符入り

祇園祭の山鉾巡行(17日)で先頭を行く長刀鉾の神事始め「吉符入り」が5日、京都市下京区の長刀鉾町会所で行われた。稚児の岡諄三郎君(8つ)=下京区=が、巡行当日に鉾の上で舞う「太平の舞」を披露した。

長刀鉾保存会の役員、囃子(はやし)方ら約70人が出席した。今年の稚児と禿(かむろ)の名前を記した吉符を神前に納め、祭りの無事を祈願した。続いて稚児と禿が役員の前で舞い、禿が振るうちわの位置などのアドバイスを受けた。

ゆったりとした囃子が流れる中、稚児と禿の2人が四条通に面した町会所2階の窓辺に現れた。岡君は薄紫色の振り袖にもえぎ色の裃(かみしも)を着け、クジャクの羽を飾った「蝶とんぼの冠」を頂いた。手を大きく広げたり、身を前に乗り出して「太平の舞」を優雅に見せ、見物客の視線をくぎ付けにした。岡君は「緊張したけど練習通りにできた」と話していた。
(文.写真共 京都新聞7/6より)

|

« ●赤坂再開発.進行状況 | Main | ●歳時記 七夕 »