« ●続々.山鉾巡行 | Main | ●鬼笑々 »

2007.07.18

●祇園祭 其の16

昨日は神幸祭。
八坂さんの例祭神事としては語るに外せない催事です。
市井氏子の祭事的色合いが濃く、「地元のお祭り」感が強いです。

此処数年の神輿巡行は飲み屋廻りがてらに寺町界隈で漫ろ見物していたのですが、今年は東京にて仕事中でした。

P2007071700190_1荒々しい神事に観客酔いしれ
祇園祭の「神幸祭」


八坂神社(京都市東山区)の祭神が神輿(みこし)に乗り、氏子地区を練(よ)りながら御旅所(下京区四条新京極)に渡る祇園祭の「神幸祭」が17日夜、行われた。神社の前の石段下に3基の神輿(みこし)が集結し一斉に差し上げられると、祭りムードは最高潮に達した。荒々しい神事に大勢の観客が酔いしれた。


祇園祭は神輿の神事と山鉾の行事が一体となって成り立っている。氏子地区の疫病退散を祈り、約1キロ西の御旅所にとどまり、還幸祭(24日)で再び神社に帰る神輿渡御は神事の中核となる。
3基の神輿は「神輿洗い」の神事(10日)から八坂神社の舞殿に並べられてきた。置かれた位置から中御座(ござ)、東御座、西御座と呼ばれ、神社の3つの祭神を乗せて渡る。

午後6時半、八坂神社を出発した。白い法被姿の担ぎ手が石段下で高々と差し上げ、また肩に担いだまま回転させる「差し回し」をして、神に敬意を表した。続いて神輿を激しく揺さぶり「ホイット、ホイット」のかけ声とともに、それぞれ分かれて祇園地域や河原町通の氏子地区を巡った。  
午後9時ごろから順次、御旅所に到着し、安置された。
(文.写真共 京都新聞7/18より)

|

« ●続々.山鉾巡行 | Main | ●鬼笑々 »