« ●【七月十四日】昨日の出来事 | Main | ●【七月十五日】昨日の出来事 »

2007.07.15

●宵々々山

ななまんにん…。去年の三分の一以下です。
これ程人出の少ない祇園祭も滅多にありません。
人が多けりゃ多いでも難儀なのですが、少なすぎてもまぁ淋しいものです。

お飾り無し、お囃子無し、提灯無し、売り歌無し…。
山鉾の装いも閑散としたものでした。

                             P2007071400144
宵々々山、寂しい風情
祇園祭、台風接近で見物客ため息

祇園祭は14日、台風が近づくなかで、宵々々山を迎えた。多くの山鉾で懸装品が外されてやぐらだけになり、祭り気分を満喫できなかった見物客からはため息が漏れた。3連休初日で多くの人出が見込まれたが、午後9時現在で、昨年に比べて14万人少ない7万人(京都府警発表)と寂しい風情となった。

大型の台風4号を警戒して、多くの山鉾町は、厄よけのちまきや記念品を売るテントを撤去して備えた。
長刀鉾や北観音山では、駒形提灯を点灯させ、囃子(はやし)方が山鉾に乗って祇園囃子を演奏した。函谷(かんこ)鉾でも囃子はあったが、提灯はなく、鉾の胴をシートで覆った。月鉾は途中で鉾の拝観を中止。蟷螂(とうろう)山など多くのかき山は、懸装品を取り付けず、やぐらだけで臨んだ。

歩行者天国となった四条烏丸かいわいは人通りが少なく、遠方から来た観光客はがっかり。しかし、山鉾の代わりに会所飾りや屏風(びょうぶ)飾りを楽しんでいた。
(文.写真共 京都新聞7/15より)

|

« ●【七月十四日】昨日の出来事 | Main | ●【七月十五日】昨日の出来事 »