« ●仲秋待宵夜 | Main | ●「いまひとたびの みゆきまたなむ」 »

2007.09.26

●歳時記.「月は」

月は 有明の、東の山際に、細くて出づるほど、いとあはれなり。(清女)

と云う訳で、昨宵は仲秋十五夜。
ミヤコの仇をトーキョーで…、と仕事仕舞いの後に弁慶橋辺りをうろうろして見たものの、結局お月様は雲隠れしたままでした。
「見附」にて「月見付からず」とはこはいかに。

序でに、「トーキョーの夜空は明るくて狭いな」と改めて思ったものでした。

      26                               

本当だったら一昨日に観れた筈の風趣です。(「都名所図絵」 巻之四 右百虎)

|

« ●仲秋待宵夜 | Main | ●「いまひとたびの みゆきまたなむ」 »