« ●術後三週間 | Main | ●赤坂氷川祭 »

2007.09.14

●秋の魅格

秋の味覚の王者にて価格の暴君、国産松茸が初入荷です。

今年の丹波産は猛暑の影響もあり、入荷は遅れるらしく。
丹波初物価格の目途は三本五万前後だと思われます。

P2007091400063秋の香り お目見え
錦市場に国産マツタケ初入荷


京の台所として知られる京都錦市場商店街(京都市中京区)の青果店に14日、国産マツタケが初入荷した。昨年より6日遅れのお目見えで、店頭でほのかな秋の香りを漂わせた。

マツタケは名産地として知られる岩手県岩泉町産で、つぼみやかさの開いたものがあり、出来はまずまず。この日は大小12本が店頭で販売された。1本当たりの重さが30-50グラム、価格は4本で2万5000円。
開店直後の10時すぎに常連客がさっそく縁起の良い初物を購入した。店主の上田耕司さん(59)は「焼いても、炊き込みご飯にしてもおいしい。旬の味わい楽しみをぜひどうぞ」とPR。
青果店には10月末まで東北、甲信越、中国地方から順次マツタケが入荷する。美味で知られる京都府の京丹波町産や右京区旧京北町産は10月初旬ごろに届けられる。 
(文.写真共 京都新聞9/14より)

実はうちの母方実家が所謂丹波の農家でした。
当然松茸山も持っており昔から松茸は食べ放題、そんな訳にてこのキノコについてはあまり有難く感じなかったものです。
但しそれも昔の話、東下後は高嶺の花になりつつあるがな。

|

« ●術後三週間 | Main | ●赤坂氷川祭 »