« ●ミヤコ「路上喫煙禁止条例」 | Main | ●「記紀」の島より… »

2007.11.01

●「秋」祇園東

秋をどりフィナーレを飾る祇園東「祇園をどり」が今日から始まりました。
此方の踊りは赤坂と同じく藤間流、江戸歌舞伎舞踊の要素を色濃く残しています。

ミヤコ五花街の中で祇園東組合のみがホームページをお持ちで無いので、概略を簡単に記述しておきます。

第50回「祇園をどり」 (11月1日-10日)
 ・於会場    祇園会館
 ・開演時間  午後1時半/4時 (2回公演)
 ・演目     「路地小路手鞠(てまり)旅」(全六景)
 ・観覧料    4000円(茶券付き) 3500円

締めは勿論、「祇園東小唄」の総踊りにて。



※追記 11/2付けで京都新聞に記事掲載されていたのでUPしておきます。↓

P2007110100159京の秋彩る“祇園をどり”開幕  全6景、あでやかに

錦秋の京都を彩る「第50回祇園をどり」が1日、京都市東山区の祇園会館で開幕した。祇園東歌舞会の芸舞妓18人が、長唄や清元の演奏に合わせ、あでやかな踊りを披露した。

今年の演目は「路地(ろうじ)小路手鞠(てまり)旅」の全6景。白峯神宮での蹴鞠(けまり)の会で幕開けし、はぐれて旅に出た鞠が花の御所、八坂庚申(こうしん)堂など洛中洛外の名所を巡るという設定。   
羽子板と離ればなれになった羽根と戯れたり、産寧(さんねい)坂でそば屋の出前と競う場面もあり、優雅な中にユーモアをまじえた舞台を披露。締めくくりは、紅葉の飾りの下、全員で「祇園東小唄」を総踊り。秋の深まりを華やかに演出し、観客を楽しませた。
(文.写真共 京都新聞11/2より)

|

« ●ミヤコ「路上喫煙禁止条例」 | Main | ●「記紀」の島より… »