« ●室礼 炭床開き | Main | ●釈迦の災難 »

2007.12.12

●書架彼是 16

お客さんから「コレ面白いよ」とお借りしたのがキッカケでした。

実は当方、漫画為るもの久しく読んでおらず、而も所謂業界モノ。
「果たして如何な物か」と訝しげに捲頁してみたのですが…。

率直な感想として意外と面白かったです。
と云うか、拝借したのは八巻迄でしたが最新巻を自分で購入する羽目に。

業界特有の酒類に関する云々は、漫画としては可也確りとしたもの。加えて薀蓄も程良い塩梅、掘り下げ過ぎずに解り易く描かれています。
登場人物も皆好感の持てる描写にて、気持ち良く読むことが出来ました。

まぁお話の筋立てがキレイ過ぎて、当事者としてはこっ恥ずかしいのですが其れは其れ。作品の魅力を損なうものではありません。
私がこの職業に就いたのと、BAR漫画の元祖「レモンハート」が始まったのが同じ頃だと記憶していますが、水商売の漫画も随分とオサレになったもんだ、と感心する事隔世の感。

尤も弊亭は「神のグラス」とも「優しい止まり木」とも無縁だったり致します…。

07141274
・バーテンダー 1~9巻
集英社(2004年~ 連載中)

長友健篩 画  
城アラキ 原作

|

« ●室礼 炭床開き | Main | ●釈迦の災難 »