« ●春の野にいでて若菜つむ | Main | ●始業式 »

2008.01.08

●「金龍」のこと

赤坂に御縁有り、幣亭暖簾揚げした頃のお話です。

約四年前、赤坂には七軒の料亭が存続していましたが、その殆どが赤坂通り以南の一角に集中しており、嘗て「黒塀通り」と謳われたみすじ通りには一軒を残すのみとなっていました。
翌年二〇〇六年二月にはその一軒も店を畳まれてしまいましたが、建物は約二年の間維持されていました。
何せ赤坂に残った数少ない平屋の数奇屋建築、何とか取り壊す事無く保全されないかと心当てにしていたのですが…。

その赤坂「金龍」さんが、先月末からビニールシートに覆われてしまいました。
恐らく近日中にも解体工事にかかると思われます。

 Dsc00002 0104_003_2

何れこうなるだろうとは予測していたものの、愈々と云うか終にと云った感。
せめて外観だけでも残しての再活用を、と願っていたのですが、そんな希望も淡雪の如く消えてしまいそうです。

以上、「仕事始め」前の赤坂散策にて。でした。

|

« ●春の野にいでて若菜つむ | Main | ●始業式 »