« ●「八重洲にかけて扱ぎ出でぬと」 | Main | ●室礼 如月 »

2008.01.31

●「隙間」埋めし晦

寒威厳しい砌、皆様如何お過ごしでしょうか。


所処で今更なのですが、弊亭の玄関は木造の引き戸になります。

しかもモノは昭和初期の杉格子、所謂古建具です。

従って戸間より程々に外気を取り込んでくれます。

然しその通気の良さは季節に由って仇となる事もあります。

つまりこの時期は、隙間風が情け容赦無く店内に入り込んでくるのです。

要するに冬の弊亭は「少しサブイ」状態だったりするのです(Q.E..D)。


そんな現状を打破すべく、先日戸口用の「隙間テープ」を購入してまいりました。

多少也とも室内の「暖」を逃さぬ様に、戸口の隙間を埋めつゝ埋めつゝ。
思ったよりも効果は有りそうにて、手間隙の甲斐は報われた様子。

そんな風にて睦月晦も過ぎてゐく、「宵寒の候」でありました。

|

« ●「八重洲にかけて扱ぎ出でぬと」 | Main | ●室礼 如月 »