« ●べスト22 | Main | ●家の近所 「橋のたもとで」 »

2008.02.16

●梅は香りと共に

厳冬気配も緩む事無い如月の頃ですが、ミヤコでは「春告げ草」開花の知らせ。
早や寒梅の蕾綻ぶ時節となってまいりました。

梅花祭ももう直ぐです。

P2008021400128紅梅かれん、早春の香り
京都御苑で一部開花

例年より寒い日が続くなか、京都市上京区の京都御苑では14日、梅の一部がようやく開花し、一足早い早春の香りを漂わせている。 この日は、前日の降雪から一転して晴れ間がのぞき、最高気温も前日より約3度上がった。
固いつぼみが大半だった20種、200本の梅のうち、数本の紅梅の花が咲き、他の木もつぼみが膨らんだ。散策に訪れた人たちは足をとめ、かれんな姿を見つめていた。
環境省京都御苑管理事務所によると、見ごろは2月下旬から3月上旬になりそうだという。
(文.写真共 京都新聞2/15より)

|

« ●べスト22 | Main | ●家の近所 「橋のたもとで」 »