« ●「赤坂サカス」一ヶ月後 前編 | Main | ●「河原町」のこと »

2008.04.24

●「赤坂サカス」一ヶ月後 後編

TBS再開発地域.複合商業施設改め
「赤坂Sacas」に就いての現状報告と今後の展望、【続編】です。

     -・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

グランドオープンより一ヶ月が経過した現時点では、まだまだノンビリ進んでいる「赤坂BIZタワー」への入居企業お引越し。
オフィスビルとしては連休明け~上四半期にかけて本格稼動していくらしく、ビル内での就労人口はこれから「万」単位での増加となりそうです。

従って「赤坂通り×一ツ木通り」を中心とした赤坂繁華街は間違い無く賑やかになって行く事でしょう。ランチをやっているお店や中.大型飲食店(=チェーン展開店舗)は「漸う」待ち侘びた展開です。

     -・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

但し日中人口がどれだけ増加しようとも、恐らく変わらないであろう「赤坂.街的性格」もあるものです。即ち其れは、

① 終電以降は全く機能しない街である事。
② 日祝日は相変わらず閑散とした街である事。

①に就いては三井さんも良く解っておらっしゃる様で 「BIZタワー」内の飲食テナントは全店十一時前後の閉店、ビル自体のクローズも日付越え辺りです。
ビル外アネックスに二店舗だけ三時頃迄営業している店舗がありますが、平日深夜の人の入りは推して知るべしな状況。

赤坂は基本的に「朝まで飲み食いする」芸風は無く、縦しんば終電に乗り遅れても大体の方は潔くタクシーで御帰宅されます。
亦、各種飲食サービス業店も殆どが零時前後に店仕舞いされるものですから、お店の選択肢も極めて少なくなるのが実情。
従って「夜な夜な」お遊びになる方々は鼻っから新宿.六本木辺りに遠征されてます。

②に就いてもサカス自体の集客力云々では無く、赤坂の「街的性格」な問題です。
サカスオープン以降、土曜日の人出は飛躍的に増加しましたが、日祝日になると矢張り閑散としたものです。
「赤坂BLITZ」「ACTシアター」の存在が唯一の救いですが、両者共満員御礼になったとしても高々2,800人。
街の性格を根本的に覆す実数には程遠いのです。

     -・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

余談を一つ計り。
先月から何故か弊ブログのアクセスが急増し、不審に思いアクセス解析で調べてみた所処、原因は一つの検索語句でした。その単語とは
「赤坂カサス」
勿論「赤坂サカス」との間違いなのでしょうが…。

サカスグランドオープン日、雨の中「傘だらけ」だったのを駄洒落って「赤坂カサス」とルポタージュした文章が検索に引っ掛かっている様でして。

まぁ赤坂に所縁無い方々にとっての、「Sacas」一般的認知度はその程度なのであろう事を付記して終わりとしておきます。

●「赤坂サカス」一ヶ月 前編はコチラ。↓
http://bamboo-bar.air-nifty.com/blog/2008/04/tbs_cd37.html
赤坂サカス関連過去ログは下記にて。↓
http://bamboo-bar.air-nifty.com/blog/2008/03/post_2ceb.html

|

« ●「赤坂サカス」一ヶ月後 前編 | Main | ●「河原町」のこと »