« ●櫻「北の丸周辺」 | Main | ●「道明寺」 届きました »

2008.04.01

●「都をどり」始まりました

「みぃやぁこぉをぉどりぃは~」

「ヨォイヤァサァ~」

文字通り「黄色い」掛け声と共に「都をどり」本日開幕、観桜行楽も重なり祇園町の遽しくなる時節の到来です。
下記記事は昨日の「大ざらえ」の様子にて。

P2008033100129_2優美に「大ざらえ」 源氏物語舞う
都をどり、1日開幕

1日に開幕する「第136回都をどり」を前に、前夜祭にあたる「大ざらえ」が31日、京都市東山区の祇園甲部歌舞練場であり、芸舞妓が優美な舞台を披露した。
今年の演目は、源氏物語千年紀にちなんだ「都今源氏面影(みやこはいまげんじのおもかげ)」。全八景を「若紫」「葵(あおい)」「浮舟」などの場面を題材に、四季の光景を織りまぜ、王朝絵巻の世界を繰り広げる。
舞台は、「都をどりはヨイヤサァ」の掛け声で舞妓20人が花道から登場して幕開け。定評のある艶(あで)やかな芸妓の舞姿に加え、六条御息所(みやすどころ)が生き霊(りょう)となって葵の上を襲う場面では、すごみさえ漂う演技も。最後は桜景色の中、出演の芸舞妓全員の総踊りで招待客らを魅了した。
公演は30日まで。
(文.写真共 京都新聞3/31より)

|

« ●櫻「北の丸周辺」 | Main | ●「道明寺」 届きました »