« ●「有頂天家族」トレイル 前篇 | Main | ●「有頂天家族」トレイル 後篇 »

2008.05.14

●「有頂天家族」トレイル 中篇

前述記事の続きにて。
「有頂天家族」トレイル中篇、【岡崎~丸太町今出川周辺】篇です。

010_2
冷泉通りより「夷川発電所」三写。
雨中「鴨虎」と化した矢一郎が、金閣銀閣を疎水に放り込んだのはこの辺です。
【写真右】の岬先には「北やん」こと北垣国道知事の銅像が。

此処発電所周辺で、今企画の中でも最も困難であろう「偽電気ブラン工場」を探す事と致しました。
夷川家統括、秘密工場捜索の建造物条件は以下の通り。
 ①「左京区聖護院蓮華蔵町」内で
 ②其也に薄汚れた建物で三階建て、
 ③「三階から冷泉通の桜並木」と、
 ④「同、夷川ダムと疎水事務所」も見下ろせる場所。

是等、該当条件を全てクリアした物件が一軒だけ有りました。
http://map.livedoor.com/map/scroll?MAP=E135.46.43.4N35.0.47.2&ZM=12

015
発電所北側、聖護院保育園の西側に佇むこの建物。
「左京消防団 川東分団器具庫」と云う表示看板も何やら胡散臭く感じられます。
そう云えば偽電気ブラン開発者の甘木氏も旧京都中央電話局職員、上記建物も京都市消防局庶務課主管。
所管部課は違えど、同じお役所の管轄物件と云うのも尚更アヤシイものです。

中に入ろうとしたのですが生憎閉まっており、内部捜索は已む無く断念。
この辺迄来ると、周りにいる人々が皆狸に見えてくるものです。

028
丸太町東山は熊野神社。
『玉垣で覆われた神社西側の町内』に在る「魔王杉」へ。
町内一通り散策したのですが「これは」と云う古木が特定出来ませんでした。
【写真右】が一番其れらしかったので挙げておきます。

018_2
『賀茂大橋西詰にある一階がカフェのビル』の玉突き場へ。
カフェは営業中も、ビリヤード場は如何やら閉店してしまった様です。
「黒服の王子」は何処で玉突きをしているのでしょう。

取敢えずはこんな所処。
続きは「有頂天家族」トレイル後篇、【下鴨~出町柳界隈】篇へ。
TO BE CONTINUED 。

|

« ●「有頂天家族」トレイル 前篇 | Main | ●「有頂天家族」トレイル 後篇 »