« ●都の賑い | Main | ●「コクテール」in the 広辞苑 »

2008.06.05

●正五位 2008

お稚児さんは、そりゃ偉いものなのです。
何たって正五位下少将。
平安律令の時世ならば我々「地下の民」なぞ想像もつかぬ別世界の「やんごとなき」御方
近世お武家さんの格付けに直しても十万石のお大名様なのです

と云う訳にて今年の祇園祭、お稚児さんと禿さんが発表となりました。

P2008060400164「一番前から見るのは楽しみ」
祇園祭 長刀鉾稚児に岡澤君
 
祇園祭の山鉾巡行(7月17日)で先頭を行く長刀鉾の稚児と禿(かむろ)が決まり、長刀鉾保存会(京都市下京区)が4日に発表した。稚児は、下京区の建築設計会社社長岡澤浩一さん(60)の長男洛央小4年の一規君(9)で、長刀鉾の地元の小学校から稚児が選ばれたのは34年ぶり。
禿は、下京区の仏具製造販売会社専務乾一雅さん(41)の次男で同小5年の満希君(10)と、同区の鶏卵加工販売業植村晋二さん(51)の長男で同小3年の龍登君(8)。
稚児の一規君は祭り好きの母則子さん(48)の勧めで、大津市内である大津祭の曳山(ひきやま)・湯立山に前乗りとして上がったことがある。この日の記者会見で「1番前の鉾の上から景色を見られるのは楽しみ。注連縄(しめなわ)切りはかっこいいと思っていた」と緊張した面持ちで答えた。
(文.写真共 京都新聞6/4
より) 

|

« ●都の賑い | Main | ●「コクテール」in the 広辞苑 »