« ●二者択一の果て | Main | ●「トカトントン」 »

2008.07.22

●夏野菜「奉納」

夏真っ盛りのミヤコでは「きゅうり封じ」の時宜到来。
この「きゅうり封じ」、上高野は蓮華寺さん(23日より)の方が著名ですが、先駆け昨日より神光院さんで行われております。
「疾病封じの御利益」として名高い祭事ですが、胡瓜との御縁柄「木瓜家紋」の御宅も参詣されては如何でしょうか。

25日からは東山安楽寺で「かぼちゃ供養」が執り行われます。
夏京都の「お野菜祭事」もこれからが佳境にて。

P2008072100119キュウリに病魔 封じ込め
北区・神光院 息災祈る

病気平癒や無病息災を祈願する「キュウリ封じ」が21日、京都市北区の神光院で営まれた。京阪神から訪れた参拝者が心身の健康を祈った。
キュウリ封じは、弘法大師が中国から持ち帰った秘法といわれ、体内の病魔を封じ込めたキュウリを地中に埋め、キュウリが土にかえるのと同時に病気も治るとされる。
本堂では、参拝者の名前が書かれた紙を巻いたキュウリが供えられ、副住職が祈願の読経。その後、キュウリを受け取った参拝者は、肩や腰をキュウリでさすって、願いを込めていた。
夫婦で訪れた神戸市垂水区の会社役員八木源司さん(81)は「病気が治るように信じたい」と話していた。
24日にも営まれる。有料。
(文.写真共 京都新聞7/21より)

|

« ●二者択一の果て | Main | ●「トカトントン」 »