« ●「蘇民将来子孫也」 | Main | ●宵々山 »

2008.07.15

●宵々々山

「粽どーですかー 御守りどーですかー」
「御信心の御ん方様は ろーそく一本献じられましょー♪」

と云う訳で各山鉾町にて「売り歌」唱和される中、ギオンマツリーも愈々本番。
昨日は宵々々山でした。
私めは14日昼頃に帰東したのですが、平日週始めと云う事もあり人出は例年より少なめの様子。
寧ろ13日は日曜日の方が込み合っていた感も致しまする。

P2008071400155警戒強め、宵々々山
祇園祭

祇園祭は14日夜、宵々々山を迎え、京都市中心部の山鉾町界わいでは歩行者天国が始まった。午後9時現在の人出は11万人(京都府警調べ)。秋葉原事件を受け、京都府警が例年以上の厳重な警備体制をしいた。 午後4時ごろの降雨で気温は下がったが、湿度は上がり、蒸し暑い夜となった。祇園囃子(ばやし)が響くなか、人々はうちわを振り、タオルで汗をぬぐいながら山や鉾を見て回り、厄よけのちまきや手ぬぐいを買い求めていた。
平日ということもあって四条通は人の流れは比較的スムーズ。しかし、露店が並ぶ新町通や室町通は込み合っていた。
(文.写真共 京都新聞7/15より)

|

« ●「蘇民将来子孫也」 | Main | ●宵々山 »