« ●御留意 | Main | ●「蘇民将来子孫也」 »

2008.07.14

●「山鉾」彼是

えー、只今帰東しました。
で、宵々々山を控えた此処数日のミヤコがどんな状況だったかと云うと…。

P2008071400052暑さ連日 うだる京
京都市内は14日、太平洋上の高気圧の影響で強い日差しが照りつけ、午後1時までの最高気温が34・2度まで上昇。13日には今年初めて気温が35度以上の猛暑日となり、連日の暑さが続いている。
京都地方気象台によると、13日は午後3時44分に最高気温35・0度を記録。昨年より14日間早く初の猛暑日を迎えた。このほか舞鶴市の最高気温は34・1度、彦根市は32・3度といずれも平年を上回った。
また京都市内では熱中症の疑いで、13日に5人、14日午後1時までには4人が病院に搬送された。
14日は午前中から30度を越える暑さに、山鉾見物に訪れた観光客も疲れ気味。京都地方気象台によると、午後からは湿った空気が流入するなど、所により雨や雷雨になるという。今後、数日間の気温も30度台で推移し、蒸し暑い日が続きそう。
(文.写真共 京都新聞7/14より)

と云う訳で、土日のミヤコは盛夏を思わせるか如くの灼熱地獄 …。
頭上からは暴力的な日差しが照り付け、脚下よりアスファルトの放射熱が蜃気楼の様に襲ってきます。
挙句無風状態ときたもんですから溜ったもんぢゃ有馬線。
そんな炎天下の中を自殺行為宜しく、山鉾町を幾つか見物してまいりました。

080714_002 080714_003 080714_004_2 080714_005
12日(土)夜、三条新町で飲んだ帰り、見物がてら室町より四条に南下する事に。
流石に日没後は涼しくなるもので漫ろ歩きにも丁度良い塩梅です。
烏丸周辺の大型鉾は組立も完了、祇園囃子も奏でられ早や宵山の風情にて。
左より菊水鉾、月鉾、鶏鉾、函谷鉾。

080714_006_3
因みにこの後祇園町へ移動、御多分に漏れず飲みすぎでキモチワルイ翌日を迎える破目となりました…。

080714_022 080714_026 080714_027_2
翌13日(日)、昼中各山町の様子。小型の山組みは一日で行われます。
左より黒主山、鯉山、山伏山。

080714_030 080714_029 080714_028 080714_025

080714_031十四時頃に長刀鉾さんへ「粽」お返しと授与に伺った際の事です。
烏丸の向こう側で「何やら」賑やかな様子、覗いて見ると新町通にて「試し曳き」が行われていました。
五m計りの狭い道幅に五基の山鉾が巡行する様は臨場感に溢れ、迫力満点です。
昔の山鉾巡行はこんな感じだったのでしょう、とも思うものでありました。
以上、こんな感じの「プレ宵山」にて。擱筆。

|

« ●御留意 | Main | ●「蘇民将来子孫也」 »