« ●「鉾建て」始まりました | Main | ●御留意 »

2008.07.11

●「神輿洗い」

昨年は強雨の中での催行でしたが、今年は天候にも恵まれ宜しかったかと。

因みに「神輿洗い」は、山鉾巡行後の神幸祭(お出かけ)に出る3基の神輿のうち、「中御座」を鴨川の水で洗い清める神事です。

神幸祭は市井氏子に由る祭事、観光客も皆無な「祭りの後の祭り」です。

P2008071000189鴨川の神水で清め
祇園祭「神輿洗い」

祇園祭で鴨川の水の神様を「中御座」の神輿(みこし)に迎える神事「神輿洗い」が10日夜、京都市東山、中京区の四条大橋で行われた。神輿を担ぐ輿丁(よちょう)の威勢よい掛け声が祇園界わいに響き渡った。
古来、水害と疫病を恐れる人々は、鴨川の荒ぶる水の神様を神輿に迎えて丁重にもてなすことで、自分たちの守り神とした。
午後8時前、神幸祭、還幸祭を練る3基の神輿のうち、素戔嗚尊をすさのおのみこと奉じる中御座の神輿が八坂神社を出発し、松明に先導されて四条大橋へ進んだ。橋の上では、神職が鴨川の神水をひたした榊(さかき)を神輿へ向けて振って清めた。神水をかけてもらいたい輿丁や市民が神輿をぐるりと取り囲み、熱気に包まれた。
(文.写真共 京都新聞7/11より)

|

« ●「鉾建て」始まりました | Main | ●御留意 »