« ●続.「BAMBOO」の受難  | Main | ●「1/1461」の逢瀬 »

2008.07.06

●長刀鉾「神事始め」

七月に入り、ミヤコでは五日連続の三十℃越え。
茹だる暑さも愈々本格化してまいりました。

そんな中、長刀鉾町では昨日吉符入り。
お稚児さん鉾町引き合わせの後、稚児舞奉納となりまして。

今年の「お稚児さん」関連過去ログは下記にて。↓
http://bamboo-bar.air-nifty.com/blog/2008/06/post_f4ee.html

P2008070500141「太平の舞」優雅に
祇園祭 長刀鉾吉符入り

祇園祭の山鉾巡行で先頭を進む長刀鉾(京都市下京区四条通烏丸東入ル)は5日、神事始めにあたる「吉符入りの儀」を行った。稚児の岡澤一規君(9)が巡行の際に鉾の上で舞う「太平の舞」を市民に披露した。
町会所には保存会の役員、囃子(はやし)方のメンバーらが集まり、神前で祭りの無事を祈願した。役員の前で岡澤君と禿(かむろ)の乾満希君(10)、植村龍登君(8)が「太平の舞」を舞ってみせ、OKをもらった後、四条通側の窓から市民の前へ姿を見せた。
岡澤君は鶴のクジャクの羽がついた「チョウトンボ」の冠を頂き、青海波に鶴模様のふじ紫色の振り袖に、若草色の紗(しゃ)のかみしも姿。時折、前に身を大きく乗り出しながらゆったりと舞い、天下太平と五穀豊じょうを願った。岡澤君は「緊張した。練習よりもうまくいかず60点。巡行は頑張ります」と話していた。
(文.写真共 京都新聞7/5より)

|

« ●続.「BAMBOO」の受難  | Main | ●「1/1461」の逢瀬 »