« ●グラス新入荷 08年夏 | Main | ●盛夏の砌&御挨拶 »

2008.08.05

●「ツール.ド.ミウラ」顛末記

一昨日の後日談。
夏空宜しく青天に恵まれた日曜日、三浦半島から小田原迄ツーリングに出掛けてまいりました。
先々週(寝坊中止).先週(雨天中止)と延び延びとなっていた「ツール.ド.ミウラ」、やっとの事での決行、今夏初めての輪行ツーリングです。

只、大きなイレギュラーが一つ発生してしまいました。
前日寝過ぎてしまったのか将又床に就くタイミングを間違えたのか…。
「当日一睡も出来なかったのです」
まぁ走行距離は高々90㎞弱、ランニングタイムにして五時間掛かりません。
甘い目算の元、取敢えずは愛車を輪行袋に叩き込み、東京駅から横須賀に向かう事と致しました。
九時頃に横須賀駅に到着、自転車を組み立て出立準備。
然程眠気も無いものですが、如何せん体調に不安を抱えている状況ですので、
「序盤戦で行ける所処迄行く」
「無理をせず安全運転で乗り切る」
「疲れてきたら其処ら辺の海岸で寝る」
の標語を胸に、ツーリング開始です。

横須賀→観音崎→久里浜→城ヶ島(走行時間約104分 距離換算約38㎞)

ツール開始後、二時間弱で城ケ島公園に到着し一度目の休憩。
行程の四割程は走破したものの、流石に徹夜明けの暴挙が祟って来たのかこの辺から脚が思うように動きません。
然し今回の三浦半島は右回りで半島南部の難所は走破済み。残り半周は下りと平坦道で鎌倉迄は組みし易い行程です。
休憩を終え、重い身体に鞭打ち出発する事に。

城ヶ島→葉山→鎌倉(走行時間約63分 距離換算約27㎞)

十二時半頃、鎌倉は材木海岸に到着。但しもういい加減限界です。
兎にも角にも「眠い」…。
人気の少ない所処を探し、崩れ落ちるように泥睡。
    :
    :
    :
照り刺す西日と帰途に就く海水浴客の足音に漸く目覚めたのは午後四時も回った所処。気付けば三時間以上惰眠を貪っておりました。
取敢えず幾許か睡眠を取ったので身体はソコソコ動く様な気がします。
遅めの昼食とストレッチを済ませた後、再度出立する事と。

鎌倉→江ノ島→小田原(走行時間約90分 距離換算約40㎞)

十八時頃に小田原着、輪行袋に愛車を仕舞い込み一路帰宅の途に就きました。
と云う訳で、来週はちゃんと寝てから出掛けようと思います。

おしまい。
 

|

« ●グラス新入荷 08年夏 | Main | ●盛夏の砌&御挨拶 »