« ●節句.重陽 | Main | ●「中秋」二日前 »

2008.09.09

●「かーかーかー」「こーこーこー」

九月九日は「重陽の節句」。
と云う訳でミヤコ各所処ではそれに因んだ神事が行われております。

うちの近所、嵐山法輪寺「こくぞーさん」では菊花供養が営まれました。
本堂では「菊節会」に縁由して「菊慈童」の舞が奉納されます。

下記事は上賀茂さん「烏相撲」の一コマ。

P2008090900063「カーカーカー」と烏相撲
重陽の節句 上賀茂神社で神事

京都市北区の上賀茂神社で9日、恒例の烏(からす)相撲の神事が営まれた。カラスが鳴く姿を模した独特の所作に続き、氏子の男児がまわし姿で元気いっぱい相撲を奉納した。
9月9日は重陽(ちょうよう)の節句で、無病息災を祈って菊花を供えるなど、さまざまな行事が催される。上賀茂神社では、祭神の先祖がカラスに姿を変えたという伝承と、悪霊退治の相撲が結びつき、烏相撲が始まったとされる。
本殿に菊花を供えた後、午前11時ごろから白装束に烏帽子(えぼし)姿の氏子が横飛びし、「カーカーカー」とカラスの鳴き声をまねた所作を披露。続いて地元の氏子の男児24人が相撲をとった。土俵の周りには参拝客らが詰めかけ、元気よくまわしを取る姿に拍手を送っていた。
(文.写真共 京都新聞9/9より)

|

« ●節句.重陽 | Main | ●「中秋」二日前 »