« ●十三夜 | Main | ●五年振りの飛行機 »

2008.10.11

●料亭「島崎」

例に由って唐突なネタ振りに成増が…。

Info_2【問一】左図は何の表示旗でしょう。

 a.コンゴ共和国の国旗
 b.海洋法「止マレ」の標識旗
 c.現代アート展「赤坂アートフラワー.08」のロゴマーク。

そんな訳で9月10日から10月13日の約一ヶ月開催されている「現代アート展.赤坂アートフラワー.08」なのですが、地元赤坂でも認知度はゼロに等しく、「地味~」な儘に明後日で終わりを迎えようとしております。
角云う私めも赤坂住民で在りながら、興味の触手が全く伸びず「暇があったら行ってみよう」位の低関心度催事でありました。
まぁ「赤坂サカス/TBS」主導の単発イベント、余り力も入っていない様でして。

只唯一、七箇所あるイベント会場の中の「旧料亭.島崎」さんだけは内見を兼ねて見に行ってみようと思っていた次第にて、そんなこんなで最終日を目前にした土曜日、漸く重い腰を上げ伺う事に致しました。

081011_004
「アート」にも「フラワー」にも何ら興感を覚えない私めですが、一応計りの感想を。
 ・作品展示の為、亭内照明が殆ど無くトテモ暗い。
 ・作品展示の為、亭内閉め切られておりトテモ蒸し暑い
 ・不可思議な格好や髪型をしたトテモ「アート」な方々が結構見受けられる。

今となっては往時赤坂の数少ない遺構。
華やかなりし時の「欠片」なものですから何とか存続させてほしいものですが、果たして外観内装共に可也老朽化が進んでおり、軽度の改築位では再利用に耐えられそうにありません。考えてみれば暖簾を下ろされてから四半世紀以上経つのですから、無理も無い所処です。
建築的観点から見て然程意匠の効いた建物でもありませんので、余程高尚な(ないしは物好きな)スポンサーさんでも現れない限り、此の儘朽ち果てていくのを待つだけなのでしょうか。

以上、こんな所処でした。

 

|

« ●十三夜 | Main | ●五年振りの飛行機 »