« ●「本屋の無い風景」.改 | Main | ●「FIS World Cup 08/09」 »

2008.11.07

●「冬の味覚」解禁

丹後では一昨日より松葉ガニ漁が解禁となりました。
愈々「カニみそ」「カニめし」「カニ鍋」「焼きガニ」の時節到来です。

因みに今年の分布調査では雄の数が87%増、コッペは51%減(例年比)との事。
尤もその分安くなるとは思えませんが…。

P2008110600098さあ、冬の味!
府北部でズワイガニ漁解禁
日本海の冬の味覚・松葉ガニ(ズワイガニ)漁が6日、一斉に解禁された。京都府北部の漁港では午前中、捕れたばかりのカニが次々に水揚げされ、市場へ運ばれた。午後から、府漁連間人市場(京丹後市丹後町)など4市場で初競りが行われる。
府内では舞鶴市、丹後町、網野町の3漁協所属の底引き網漁船計15隻が5日夜に出港。丹後半島の沖合約20キロ-30キロの漁場で、6日午前零時の解禁と同時に一斉に網を入れた。
京丹後市丹後町の間人港には、午前9時半ごろから漁船5隻が次々と帰港した。船員たちは水揚げ後、大きさで区別する仕分作業にあたるなど、午後1時開始の競りの準備に追われた。
丹後町漁協に所属する「蓬莱丸」の池田実船長は「初日はべたなぎに恵まれた。今シーズンは大漁を期待したい」と話していた。
宮津市鶴賀の府漁連宮津市場には、午前11時前から、大型トラックでカニが運び込まれた。漁連の関係者らがカニの詰まったトロ箱を順に降ろし、午後の初競りに備えた。
漁期は雄ガニが来年3月20日まで、雌ガニは来年1月10日まで。
(文.写真共 京都新聞11/5より)

|

« ●「本屋の無い風景」.改 | Main | ●「FIS World Cup 08/09」 »