« ●「樅の木」サカス | Main | ●室礼.「炭床開き」 »

2008.12.08

●ミヤコ「観楓狂奏曲.終章」

先週末の「氷雨&寒気」にて初冬の色も俄かに濃くなってきた此方トーキョー。
ミヤコでも同様の曇天模様らしく、「底冷え」下準備の気配です。

と云う訳で今季の「ミヤコ観楓の砌」も愈々最終章。
紅葉黄葉橙葉、遍く「落葉の候」にて観楓名所処でも枯枝が目立ち始めたとの事。
尤も、参道や林泉の落椛も亦「物寂びた」感があって閑雅なものですが…。

P2008120700113氷点下の「大雪」、行く秋惜しむ
古都の山々 本格的に冬支度

二十四節気の一つ「大雪」の7日、京都市内は早朝に氷点下1・8度と、今冬初めて氷点下を記録した。紅葉は最終盤を迎え、山々の冬支度も本格的に始まった。 京都地方気象台によると、最高気温は8・9度と平年を4度近く下回り、マフラーや手袋をする人の姿が目立った。
左京区の下鴨神社では、観光客らが赤や黄の落ち葉を踏みしめながら歩き、過ぎ行く秋を惜しんだ。子どもたちはせせらぎのそばで葉っぱをすくい上げ、境内を走り回っていた。
(文.写真共 京都新聞12/7
より)

|

« ●「樅の木」サカス | Main | ●室礼.「炭床開き」 »