« ●「世も末」な話 | Main | ●弊亭近況報告「睦月.如月」 »

2009.02.08

●「君子香」の頃

ミヤコ北野は天神さんから「一寸早め」の春の便り。
暖冬の所為も相俟って、例年より一週間程前倒しの早梅です。

紅白の彩りも艶やかなものですが、矢張り梅花は「かほり」を愛でるもの。
そんな訳で「梅は風に乗って」、そして「春は馬車に乗って」やって来るのです。

そう云えばトーキョーでも先週頃から梅の便りがと聞こえて参りました。
湯島の「天神さん」は今日から「梅祭り」。
梅園では「ちらほら」開花が始まっているそうです。

P2009020700124春の訪れ告げる 梅開花
北野天満宮・梅苑を公開

梅を愛した菅原道真を祭る京都市上京区の北野天満宮で7日、梅苑の公開が始まった。おだやかな陽気を喜ぶように梅の花が苑内を彩り、見物客に春の訪れを感じさせた。
梅苑には50種約2000本の梅がある。冬至梅やロウバイなどは1月から花を咲かせ始め、全体的に例年より1週間ほど開花が早いという。
初日には、2割ほどの梅に赤や白の花が開き、辺りを華やいだ雰囲気に包んだ。最高気温が11・1度と3月上旬並みの暖かさの中、訪れた人たちは絵を描いたり、梅茶を飲みながら花を楽しんでいた。
見ごろは2月下旬の見込み。午前10時から午後4時まで。中学生以上600円、小学生以下300円。
(文.写真共 京都新聞2/7より)

|

« ●「世も末」な話 | Main | ●弊亭近況報告「睦月.如月」 »