« ●「冴え返る」 | Main | ●Monte Pora(ITA) SL速報 »

2009.02.20

●宮川町「衣装合わせ」

昨日は節気「雨水」、暦の上では寒さも緩み春気配漂い始める時候です。

そんな折節、ミヤコ花街でも春支度が進行中。
宮川町では「京おどり」の衣装合わせが行われました。
何せ祇園町に次いでの大所帯、嘸かし「華やぎ若柳」の様子だった事でしょう。

今年の演題は「都風流輝耀花苑」、演目詳細は来週頃発表との予定です。
因み今年はに
60回の節目。

宮川町組合HPはコチラ。↓
http://www.eonet.ne.jp/~miyagawacho/

P2009021900076あでやか 花街の春
「京おどり」衣装合わせ

花街の春の踊りシーズンを前に、京都市東山区の宮川町歌舞練場で19日午前、「第60回京おどり」の衣装合わせが行われた。芸舞妓があでやかな舞台衣装に袖を通し、プログラム用の写真撮影に臨んだ。
舞妓たちは色とりどりの振り袖に身を包み、舞台の上へ。踊りの師匠から目線の位置など細かく注意を受け、風情あふれる京の街並みを描いた背景の前でポーズを決めた。
今年の演題は「都風流輝耀花苑(みやこふうりゅうきようのはなぞの)」全七景。谷村陽介さんの作・演出で、幕開けの「天磐戸(あまのいわと)開き」から華やかに60回の節目を祝う。芸妓たちによる口上もある。ユーモラスな「鳥獣戯画譚(ものがたり)」や、荘厳な踊りの「寿花猩々舞(しょうじょうまい)」、舞妓たちが祇園囃子(ばやし)を演奏する「祇園祭宵山」など彩り豊かな内容で、初舞台の舞妓5人を含む芸舞妓73人が出演する。
4月4日から19日まで連日、午後零時半、2時半、4時半の3回公演。茶券付き入場券4500円。宮川町歌舞会Tel:075(561)1151。
(文.写真共 京都新聞2/19より)

|

« ●「冴え返る」 | Main | ●Monte Pora(ITA) SL速報 »