« ●「八方尾根」後日雑談 | Main | ●真夜中の「メリーゴーランド」 »

2009.03.26

●「季節外れ」の天恵

「そろそろ布団に潜り込もう」かと寝支度を整えている只今早朝五時過ぎ。
火鉢の炭に灰を蓋い、窓帳を下ろしつつ不図外に目を遣ると…、

雪が降っています。

雪足は然程強くないものの、東風に舞う「白いもの」は目視ではっきり確認出来る降り具合、通りで「今朝は冷え込むな」と思う筈です。

然乍ら…。
確かに「班雪」なんぞと云う春の季語もありますが、「彼岸」は過ぎ「桜開花宣言」も済んだこの折節に「時宜外れも甚だしい」もの。

なぞとブツブツ一人文句を呟きながらも、反面何処かウキウキして参ります。
「日曜日の「かぐら」は結構楽しめそうかも」
と、三日後のゲレンデコンディションを想いつつ、ほくそ笑んでしまう私めでありました。

|

« ●「八方尾根」後日雑談 | Main | ●真夜中の「メリーゴーランド」 »