« ●Kranjska Gora(SLO) SL速報 | Main | ●グラス新入荷 09年冬 »

2009.03.03

●「きょ~ぉは たのしぃ ひなまつり~」

トーキョーでは生憎の冷雨模様で御座いますが…。

本日は「上司上巳の節句」。
まぁ昨今は部下に恵まれない「上司」の方々も多いものでしょうから、「言葉游び」がてら女子と一緒にお祝いしてもらうのも宜しいかと。
尤も「助平」な上役さんだと、文字通り「ピンクの節句」になりかねませんが…。

そんな莫迦莫迦しい話は扨置、ミヤコでも至る所処で祭催事執り行われています。
下鴨さんでは古式に則って、神事「流しびな」が行われました。

因みに弊亭の「雛飾り」はコチラ。↓
http://bamboo-bar.air-nifty.com/blog/2009/02/post-db78.html
http://bamboo-bar.air-nifty.com/blog/2009/03/post-dc19.html

P2009030300102健やか願い、みやびに「流しびな」
桃の節句で下鴨神社
桃の節句の3日、ひな祭りの原形とされる「流しびな」が京都市左京区の下鴨神社であった。参拝者が見守る中、みやびやかな平安装束に身を包んだ男女が和紙の人形をわらの舟に乗せ、境内の小川に流した。
流しびなは、災いを移した人形を川や海に流し、子どもの健やかな成長を願う行事。京人形商工業協同組合(左京区)が伝統文化の継承などを目的に毎年催している。
神事の後、十二単(じゅうにひとえ)の元ミス日本関西地区代表頭川展子さん(23)=下京区=や衣冠束帯の荒巻隆三さん(36)=東山区=ら約20人が境内の御手洗川で人形を流した。川のほとりにしゃがみ、人形を乗せた直径約20センチの舟を静かに浮かべると、周囲から歓声が上がっていた。
(文.写真共 京都新聞3/3より)

|

« ●Kranjska Gora(SLO) SL速報 | Main | ●グラス新入荷 09年冬 »