« ●本当に「板収め」 | Main | ●レンゲ草の頃 »

2009.04.20

●「吉池」のこと

「吉池」さん。
赤坂で飲食店を営む者なれば、その名を知らぬ者は無き小売店。
「何て事無い」フツーの小型スーパーマーケットなのですが、「青果」「乾物」から「水回りモノ」に「雑貨品」等々…。
うっかり「仕入れ忘れ」した際などの「営業前の緊急時」に非常に重宝するお店でして、赤坂飲食店の「駆け込み寺」として皆々御世話になっております。
しかし昨今叫ばれている「不況とやら」の影響なのでしょうか…。

090420_002
その「吉池」赤坂一ツ木通店が4月24日(金)で閉店されてしまうとの事。
平成元年9月の開業以降、約20年の歴史も今週一杯で幕と成増。

そしてこの事態、実は弊亭にとっても可也コマリモノなのでして。
暖簾出し前に「仕入れ買い忘れ」に気付いた際、水回りモノなら「四方酒店」、乾物なら「いそや」、その他簡単な日用品なら「コンビニ」で片付くのですが、果物関係はそうはいきません。

「吉池」さんは赤坂に二店舗あり、もう一つの「赤坂店」は引き続き営業されるのですが、その所在は二丁目。
如何せんウチからは「ソコソコ遠い」のです。

そんな訳で「一寸」した買い物が不便になる赤坂三丁目周辺でした。

|

« ●本当に「板収め」 | Main | ●レンゲ草の頃 »