« ●それは凄まじい迄の違和感 | Main | ●嵐電「夜桜電車」 »

2009.04.02

●「春雨」「春雷」「花冷え」

昨日は卯月朔日。

日中の時雨模様も入相前に漸く治まったかと思えば、初更頃を待たずして再び「ぽつりぽつり」と降り始めました。
しかも今度は稲光を伴って雷雨の態、雨足も本格的にて止む気配はありません。
足元を濡らす宵雨は夜が更けるにつれ「冴え返り」に拍車を掛けるのでした。

しかしまぁ、そんな荒れ具合なお天気も「らしい」と云えば四月らしく。
「春雨」「春雷」「花冷え」…。
月替わりと共に、春の季語が一度にやってきたと思えば亦風情のあるものです。

四月来て 綻び待ちつ櫻蕾に 濡つ春雨 降る紫閃かな

愚歌不躾氣でした…。

|

« ●それは凄まじい迄の違和感 | Main | ●嵐電「夜桜電車」 »