« ●「北野をどり」始まりました | Main | ●本当に「板収め」 »

2009.04.18

●「関山」のころ

「霧春雨」翌日の週末土曜日は程好く過ごし良い日和。
お散歩に宜しいそんな昼最中は例に由っての「赤坂逍遥」、本日は遅咲き「八重桜」検分へと出掛けて参りました。
染井吉野はすっかりと葉桜散り終えるも、関山はまだまだ見頃です。

090418_013【写真左】紀尾井町通りの紅関山。
「けふここのえににほひぬるかな」と計りに「撓」と咲き誇っておりました。
瑞々しい新緑とのコントラストも心地良く。

090418_008
【写真上】同、ニューオータニはオーバカナル前の八重並木。
花見客の往来も相俟ってか、週末にしては結構な賑いを見せていました。
尤もこの辺の八重桜は総じて「散り始め」、あと数日で葉桜へと枝姿を変えてしまうでしょう。

この後清水谷公園で一服、紀尾井坂を上がり四谷真田堀へ。

090418_003
【写真上】四谷土手の関山。
紀尾井町通りに比べ陽当りが良くないので、此方の方が未だ見頃。
本数こそ少ないものの、淡白.濃桃の関山が只今最盛にて。

090418_004_2
【写真上】土手っ縁より紀伊国坂を望む。
近景には淡白色、遠景には濃桃色の関山を愛でる事が出来ます。

090418_006

【写真左】トランペットを練習中の学生さん。
新緑に響く管楽器の音色からは、「何~と無く」鴨川の風景を連想してしまうもの。

そんな訳で、スコシ郷愁を感じてしまう私めでありました。

|

« ●「北野をどり」始まりました | Main | ●本当に「板収め」 »