« ●今月の定休日「補足」 | Main | ●「企画モノ」花灯路第三弾 »

2009.06.04

●賑い「初げいこ」

今年で16回目を迎える五花街合同伝統芸能特別公演、所謂「都の賑い」。
昨日その合同「初げいこ」が行われました。

ミヤコ花街の初夏風物詩となりつつある、この「水無月」のをどり。
私めの東下後に始まったものにて、未だ
観劇した事は御座いませぬ。

P2009060300125五花街の舞妓、動き入念
「都の賑い」、合同の初げいこ

京都五花街の芸舞妓が一堂に会し、芸を競う初夏恒例の特別公演「都の賑(にぎわ)い」の本番に向け、合同の初げいこが3日、京都市東山区の祇園甲部歌舞練場で行われた。
けいこには、公演の終幕を飾る合同演目の「祇園小唄」に出演する五花街の舞妓計20人が集まった。舞妓たちは各花街の舞踊流派の振りで舞い、各流派の師匠から、細かい所作や決めのポイントでの動きのそろえ方など念入りに指導を受けた。
合同特別公演は今年で16回目。20、21日の午後2時から京都会館(左京区)で開催する。祇園甲部の清元「女車引」で幕開け、宮川町の長唄「秋の色種(いろくさ)」、祇園東の清元「夏の雨」、上七軒の長唄「都風流」、先斗町の清元「三社祭」と続く。1階席9000円、2階席5000円。京都伝統伎芸振興財団TEL075(561)3901。
(文.写真共 京都新聞6/3より)

|

« ●今月の定休日「補足」 | Main | ●「企画モノ」花灯路第三弾 »