« ●花言葉は「真実」 | Main | ●「当分の間休業いたします」 »

2009.07.09

●源氏.第四帖

「心あてに それかぞと見る 白露の 光そへたる 夕顔の花」
「よりてこそ それかとも見め たそかれに ほのぼの見つる 夕顔の花」

090708_001

と云う訳で水曜日は夕刻の事。

先々日「入谷朝顔まつり」で買い入れた「夕顔」が、早速花を咲かせました。
尤も昨日迄、「七夕笹」の飾り付けやら撤収やらに追われており、植木は購入した際の儘。
明日にでも剪定せねばなりませぬ。

因みに夕顔の花言葉は「夜の思い出」「儚い恋」
艶しくって宜しいんぢゃないかと。

|

« ●花言葉は「真実」 | Main | ●「当分の間休業いたします」 »