« ●続「ツール.ド.オダイバ」 | Main | ●「古本まつり」カウントダウン »

2009.07.26

●かぼちゃ供養

えー、今更ですが「ミヤコの夏」は蒸し暑う御座います。
…、大変蒸し暑う御座います。
…、本当に蒸し暑う御座います。
…、嫌になる程蒸し暑う御座います。

従って夏負けしない為には「神様」「仏様」「野菜様」…、頼れるものには何にでも頼ろうと思うのが本音と云うもの。
そんな事由かは扨知らず、酷暑本番を前にしたミヤコでは暑気払いを祈願して「きゅうり封じ」や「かぼちゃ供養」なる催事が行われるので御座います。

と云う訳で今年も「南瓜様」に御縋りするのでありました。

P2009072500101健康祈り カボチャ供養
左京・安楽寺

中風よけの霊験で知られる「鹿ケ谷カボチャ供養」が25日、京都市左京区鹿ケ谷の安楽寺で営まれた。朝から大勢の参拝客が訪れ、柔らかく煮付けられたカボチャを味わった。
約220年前の江戸時代に、当時の住職真空上人が「夏の土用にカボチャを食べれば中風にかからない」とお告げを受けたことが始まりとされる。
檀家の人たちが早朝から約1千食分を煮付け、地元の小学生たちも接待を手伝った。時折、雨が降る蒸し暑さの中、参拝客は汗をぬぐいながらカボチャを口に運び、健康を祈っていた。
(文.写真共 京都新聞7/24
より) 

|

« ●続「ツール.ド.オダイバ」 | Main | ●「古本まつり」カウントダウン »