« ●「三味線奏楽会」&「花街の宴」 | Main | ●書架彼是 22 »

2009.08.04

●「ミヤコ観光」と「財布の紐」

昨年の「ミヤコ観光」、消費動向の統計が出ましたので参考迄に挙げておきます。

上洛時に於ける「消費金額」が過去最高の事らしいですが、あくまで昨期のオハナシ。
「景気低迷」に加え「インフル修学旅行減」「安.遠.楽ブーム」…。
300年以上続く由緒正しき(?)観光地と云えども、今年の情勢は可也厳しそう。
そんなミヤコの命運を握るのは、矢張り財布の紐が緩々な「トーキョー人」かと。

京都観光、消費過去最高 6562億円…2008年
京都市は、2008年の観光客の動向などを調査し、消費総額が過去最高の6562億円だったとする結果をまとめた。同年は観光客数も5021万人と過去最高を記録しており、好調な京都ブームが地域振興に大きく貢献していることを裏付けた。
観光消費総額は、市内を訪れた観光客の交通費、宿泊費、食事・土産物代金などをベースに算出され、07年よりも71億円(1・1%)増加した。
内訳では土産物代は前年よりも4・3%増の1545億円、宿泊費は3・5%増の1410億円だった。逆に市内交通費は、13%減の635億円と落ち込みが目立った。1人当たりの平均消費額は1万3068円で、07年より60円(0・5%)減っていた。

交通費の落ち込みについて、市観光企画課では「リピーターが増え、何か所も回らず、好きな観光所をじっくり見学したり、経済不況でタクシー代を節約したりした影響があるのでは」とみている。
それ以外の調査項目では、京都の感想を尋ねた質問で、前年より「風景」を「良い」とした人が8ポイント増の67%、「自然」も5ポイント増の52%と大きく伸び、観光客の間で景観への好感度が増していることがうかがえた。
訪問先調査では、20・4%の人が清水寺を訪れたとして22年連続の1位を獲得。2位は16・2%が訪れた嵐山、3位は11・4%の金閣寺で、上位3か所は07年と変わらなかった。
(文.読売新聞7/22より)

|

« ●「三味線奏楽会」&「花街の宴」 | Main | ●書架彼是 22 »