« ●文字通り「先走り」 | Main | ●ウヰスキー彼是.7 »

2009.08.10

●「如意ヶ嶽」傾向と対策

愈々今日から「お盆ウィーク」本番。
皆々様に於かれましては「帰省」やら「旅行」やら、準備支度に慌しい事でしょう。

所処でミヤコのお盆と云えば、「五山送り火」迄あと一週間。
因みに私め、送り火の翌日は毎年の如く「消炭拾い」に如意ヶ嶽に登っておりまする。

そんな訳で今夏初めて「消炭拾い」に行かれる方の参考迄に、「如意ヶ嶽登頂」リポートなぞを。
高々「466m」の山にて半ばピクニック気分でも大丈夫なのですが、「真夏のミヤコ」ともなると一寸計り気を付けなくてはならない事もあったりするのでして。

尚、初めて「消炭拾い」に行かれる方から「何処から上ったらいいのか」と云う質問をされますが、これより紹介する「銀閣寺北側ルート」で宜しいでしょう。
「山科区は毘沙門堂奥」からの登頂ルートもありますが、此方は少し本格的な登山道にて一般向けでは有馬線

023_3
【写真左】銀閣寺門前正面を左折すると「八神社」が伺えますので、その儘道なりに右折すると直ぐ山道に出れます。
【写真右】三分程で自販機が一台。
水筒なぞを持ち忘れた方は此方が購入のラストチャンスです。
以後、自販機や売店の類は「全く」有りませんので御注意を。

018
【写真左】暫くは緩斜面の舗装道が続き、「山登り」の気配は致しません。
【写真右】自販機の辺りから五分程で「お助け水」登場。

017_2【写真左】
湧水処から数分で川を渡り、登山道に入ります。
愈々本格的に「山登り」の雰囲気になってきました。

016
【写真上】登山道三態。
低難易の山とは云え、其也に足場が悪いので御注意を。

014

【写真左】千人塚。
前述の橋を渡ってから10~15分位で見渡しの良い広場が見えてきます。

この辺りで工程の七割程は登破済み。
「もう一息」ですので頑張って登り切っちゃいましょう。
.

.

012_2【写真左】最後の石段。
切石組の階段が見えてくれば大文字の火床はもう目の前です。
因みにこの階段、数えてみたら151段でした。
何か意味が有るのかどうかは不明。

004_2
【写真上】と云う訳で火床到着、火床より京都盆地を望む。

尚、今年初めて「消炭拾い」に臨まれる方へ。
注意点は以下の通りです。

①水分は多めに持って行きましょう。
 特にお弁当なぞ食べる場合、500mlペットボトルくらいぢゃ「全然」足りません
②着替えは必須持参。
 文字通り汗で「びしょびしょ」に成増。少なくとも下着の替え位は持って行きましょう。
③ハンカチは要りません。
 と云うか「役に立ちません」。スポーツタオル必携です。
④消炭拾いは意外と手が汚れます。
 山頂には手を洗う施設もありませんので、「要」軍手にて。

よーするに、夏のミヤコは「アツイ」のでした。

尚「送り火」の点される五山のうち、一般人が入山出来るのは唯一「如意ヶ嶽」だけ。
従って他の山で「消炭拾い」は出来ません。
是御注意迄。

|

« ●文字通り「先走り」 | Main | ●ウヰスキー彼是.7 »