« ●衣装合わせ「祇園東」 | Main | ●続.「Bamboo」無くなります »

2009.09.01

●表構え.長月

葉月晦から長月朔日にかけては、「野分」吹き荒ぶ「二百十日」の頃。
あまり歓迎すべき歳時記では御座いませんが、時宜に見合った台風の襲来。
初秋の気配は日に日に色濃くなって参ります。

そんな「去り行く夏」の頃、弊亭「表構え」も今日から衣替えと致しました。

002
煤竹色の秋暖簾は、一足早い「秋風情」を装うもの。
因みに「たつたや」は観楓の歌枕にて、「賞花亭」の本歌取りです。

|

« ●衣装合わせ「祇園東」 | Main | ●続.「Bamboo」無くなります »