« ●段ボールと戯れる日々 | Main | ●Alta Badia(ITA) SL速報 »

2009.12.21

●最後の「撥条巻き」

「大正生まれの八日巻き」は弊亭の柱時計。
開店以来、五年と八ヶ月に亘って亭内の「時」を刻み続けてくれました。

091221_003撥条を巻くのは毎週月曜日と決めておりますので、今日が最後の「撥条巻き」です。
「右に23回」「左に23回」。
週初めお決まりの慣れ親しんだルーティーンですが、もう「次」は御座いません。

そんな訳で「幕引きの日」が近づくにつれ、「最後の営み」が増えてくるのでありました。

残す所処、あと五日。

|

« ●段ボールと戯れる日々 | Main | ●Alta Badia(ITA) SL速報 »