« ●ハムストリング「ピキピキ」 | Main | ●Schladming(AUT) SL速報 »

2010.01.27

●「夜を越え 僕を乗せて」

えー、本日は私めの「トーキョーデビュー」に関する昔話です。

当方「あづまの地」に住職を移し、今年で彼是十六年。
今では「飲み屋の主(休職中)」為る家業を営んでおりますが、嘗て学生生活を終えた後は「昼間の仕事」に就いていた頃も御座いました。
まぁその会社に勤めたのが転機で地元を離れ東京に来たのですから、人生「何が縁」で如何転ぶか分からないものです。

と云う訳で勇躍東下、最初に居を構えたのが小田急線「経堂」、オフィスは「新宿」新都心にありました。
然乍ら当時「トーキョー」なる場所に就いての土地勘は甚だ希薄なものでして、例えば「山手線」が環状線である事すら理解しておりません。
従い当初の三ヶ月位は何処に行くにも「うろうろおろおろ」、ハンドサイズの東京都地図が手放せない有様でした。
そうなると交通動線の拠り所処は自宅と職場を結ぶターミナル「新宿駅」。
必然的に同駅を中心として、「トーキョー網の目交通網」各路線を覚えていく事となったのです。

     -・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

所処で未だミヤコに住んでいた学生時分、よく聴いていた歌が御座いまして、それは東京のとある路線を題材にしたものでした。
尤もその曲のタイトルになっていた電車が「何処から何処迄」走っているのかだったり、「何色の車両」かだったり、将亦「通勤ラッシュの混雑振り」が筆舌に尽くし難いものだったりする事は何ら不存知ではありましたが、そのアコスなメロディーは何故か「行った事の無い地」への思慕をそそるものだったり致しました。

で、その路線も新宿駅を通っていまして、右も左もワカラナイ「東京ビギナー」の私めにとりましては、「名前を知っている」と云うだけで妙な親近感を感じたものです。

亦、その路線は新宿駅と東京駅を繋いでいたものですから、私めには「上洛の際の足」であり「東下りの際の足」でもありました。
「高層ビル群」「東京ドーム」「皇居内堀」「神田ガード横の猥雑とした街並み」…。
行き(上り)と帰り(下り)では、車窓から眺める風景の面持ちが全く違う風に感じられたのを覚えています。

100125_002
…でと。
何故故今更「こんなオハナシ」をしているのかと申しますと、先日久方振りに「オレンジ色」の電車に乗った際の事です。
偶々MP3から件の曲が聴こえてきて、柄にも無くノルスタジックな気持ちで往時を懐古した次第だったのでした。

100125_001走り出せ 中央線
夜を越え 僕を乗せて
僕を乗せて
僕を乗せて
僕を乗せて
僕を乗せて
僕を乗せて…

云う訳で、THE BOOM「中央線」でした。

|

« ●ハムストリング「ピキピキ」 | Main | ●Schladming(AUT) SL速報 »