« ●「ベスト15」&「ベスト22」 | Main | ●春霧雨の中「下町逍遥」 »

2010.02.07

●「彌榮自動車」コラボ第二弾

「ミヤコのタクシーと云えばヤサカタクシー」
「ヤサカタクシーと云えば四つ葉のクローバー」


と云う訳で臙脂色の車両は「市井民の」「観光客の」「修学旅行生の」足として、今日も洛中洛外を走行しております。

その「ヤサカタクシー」に、この度タイアップキャンペーンとして「合格.必勝祈願タクシー」が誕生したそうです。

尤も他府県の方には「何のこっちゃら」意味不明だと思いますので簡単に解説なぞを。

京都市を中心に事業展開している彌榮自動車(ヤサカタクシー)は、市内最多営業台数を誇るタクシー会社です。
同社のタクシーには「三つ葉のクローバー」がシンボルマークとして描かれているのですが、営業車1400台のうち4台のみが「四つ葉」になっているのです。
従いましてその遭遇確率何と0.285%、乗車はおろか見掛ける事ですら滅多に無い稀少車である事から、この「四つ葉タクシー」はミヤコ人に「幸運のタクシー」として広く知れ渡っている訳なのでした。

で、今回の企画では只でさえ「幻」である四つ葉タクシーの一台が「合格.必勝祈願タクシー」の特別仕様車としてラッピングされたのです。
因みに出会す可能性は「1/1400=0.071%」…。
然乍ら今回のこの企画、コラボ相手のアーティストさんに就いては私め何ら不存知なので、詳細は下記記事を参照にして下さい。

尚、同社のシンボライズ「三つ葉クローバー」は「安心・快適・信頼」を三枚の葉に準えたものだそうです。
従い四枚目は「幸運」てな具合でしょう。

1265336967_3ヤサカタクシー、「合格・必勝祈願タクシー」運行-
アーティスト「鶴」とコラボ
彌榮自動車(京都市下京区中堂寺櫛笥町)が展開する三つ葉のクローバーがシンボルマークのヤサカタクシーとアーティスト「鶴」のコラボレーションによる「合格・必勝祈願タクシー」の運行が2月1日、始まった。
ヤサカタクシーは、営業車1,400台のうち4台のみのマークが四つ葉のクローバーになっており、「幸運のタクシー」として話題を集めている。期間中、「四つ葉タクシー」のうちの1台と「三つ葉タクシー」のうち29台、合計30台が「合格・必勝祈願タクシー」になっている。車体に「鶴」マークをはり付け、「四つ葉タクシー」の後部ドアを特製ラッピングで装飾するなど特別なデザインを施した。
同社の秦周作さんは「昨年末、『鶴』が所属するワーナーミュージック・ジャパンからの打診があり、実施時期がちょうど受験シーズンと重なると思い『合格祈願タクシー』の運行を発案したことが運行のきっかけ」と話す。
乗客には「合格・必勝祈願ステッカー」を進呈。さらに四つ葉の「合格・必勝祈願タクシー」の乗客には「『鶴』オリジナルキーホルダー」と同社の「四つ葉記念乗車シール」を進呈している。「縁起ものだけに喜んで受け取ってくださっている」と秦さん。
運行は4月30日まで。
(写真.文共 烏丸経済新聞2/5より借載)

|

« ●「ベスト15」&「ベスト22」 | Main | ●春霧雨の中「下町逍遥」 »