« February 2010 | Main | April 2010 »

2010.03.31

●「夜桜裏技」新宿篇

「千鳥ヶ淵」に「上野公園」、「靖国」「井の頭」「目黒川」…。
今週末の都内観櫻名所はDocomo彼処も「阿鼻叫喚.地獄絵図」の予感。

尤も私め、死屍累々の雑踏の中で「花を愛でる」趣味なぞありません。
そんな訳で昨日、少し早めの夜櫻見聞をして参りました。

場所は新宿青梅街道沿い「常圓寺」。
日本一の乗降客数を誇る同駅より徒歩五分にありながら、訪れる人も疎ら。
一寸した「穴場」の花見所処で御座います。

100330_017
【写真上】ソメイヨシノ近景。
境内には二本の染井吉野と一本の枝垂桜が植樹されておりますが、何れも宜しい枝っ振り。
因みに拝観料は終日無料、夜間十時迄はライトアップもされています。

100330_010
【写真上】高層ビル街を背景にしたソメイヨシノ一写。
ある意味「トーキョーらしい」「新宿らしい」風景です。

100330_004

100330_009
【写真上】境内の枝垂れ桜、ニ写。
可憐で清らかな雰囲気の「昼」に対して、妖艶な色っぽさを醸し出す「夜」。
同じアングルで撮ってみたのですが、まぁ表情の違うこと違うこと。
ヨーロッパでは桜の精は「男」らしいのですが、こうやって見ると「桜は女性なのだなぁ」、と改めて思うのでありました。

|

2010.03.30

●「北野をどり」はじまってます。

えー、時事に失した感のオハナシではありますが…。

先日25日より、ミヤコは上七軒で「花柳のをどり」が始まりました。
昨年迄ミヤコ花街「春のをどり」は甲部が先鞭を着けるものでしたが、今年からは開催時期の変更に由り上七軒から始まっております。
そんな訳で下記事は前夜祭の様子、約240名の招待客を招いて行われました。

「春のをどり」公演時期変更に就いての過去ログは下記にて。↓
http://bamboo-bar.air-nifty.com/blog/2009/05/post-8c01.html

P20100324000159_2「北野をどり」、25日に開幕 
上七軒歌舞練場で前夜祭

京の花街の春の舞踊公演のトップを切って、25日に開幕する「第58回北野をどり」の前夜祭が24日、上七軒歌舞練場(京都市上京区)で開かれた。約60年ぶりの大改修を終えた舞台で、芸舞妓らが招待客を前に、優美な踊りを披露した。
をどりは、念願だった修復完了に合わせ、今年から開催を約3週間繰り上げた。新作の祝儀舞「神曲北野豊楽」で幕開け。新たに制作した和紙の緞帳(どんちょう)が上がると、舞台では北野天満宮のシンボル、梅の絵を背景に、芸舞妓があでやかに踊り、新生歌舞練場の門出をことほいだ。 
上七軒に伝わる座敷舞「俗曲十二段返し」では、「仮名手本忠臣蔵」の名場面を芸妓たちが巧みに踊り分けて表現。舞妓によるみずみずしい「四君子」が続き、フィナーレの群舞「上七軒夜曲」で華やかに締めた。4月7日まで。
(文.写真共 京都新聞3/25
より)

序で下記事は関連話柄。
今回の「北野をどり」は、新装成った上七軒歌舞練場の杮落としも兼ねたもの。
緞帳も新調され、文字通り新たな「幕開け」となるものでして。

Kn20100316095534036l1「五つ団子」ほんのりと…
上七軒歌舞練場に和紙製緞帳

京都の花街・上七軒の歌舞練場(京都市上京区)で15日、世界初となる和紙の(縦約4メートル、横約13メートル)が設置され、漉き込まれた上七軒の紋章「五つ団子」が舞台の方からの照明で浮かび上がった。

約60年ぶりに改修された歌舞練場のため、和紙作家、堀木エリ子さん(48)=同右=が伏見区の工房で約2か月半かけて制作。25日に開幕する「北野をどり」で披露される。
堀木さんは「和紙が醸し出す月明かりのような心地よい空気感を楽しんで」と話し、中村泰子・上七軒歌舞会長(71)は「明治に建てられた伝統的な劇場と、斬新な緞帳の取り合わせを見てもらいたい」と期待。
(文.写真共 読売新聞3/16
より)

|

●「アール・デコの館」.2010年春

昨日はお昼前より白金台へ足を運んで参りました。
目指すは旧朝香宮邸、所謂「東京都庭園美術館」で御座います。

Top_photo201003_2
現在催されているのは年に一度の「アールデコの館」展。
朝香宮邸がほぼ全面的に解放されるのはこの建物公開展のみ、今回は一年半振りの開催です。
私め今回は、壁材と天井を中心に見て参りました。

因みに今回の「デコ展」、一昨年秋と異なるのは
①二階浴室がベランダ側の調光窓からも内見出来る
②展示品案内板の数が増えた。
③茶室「光華」が今回は非公開。
てな事位でしょうか。
残念乍ら「書斎」「姫宮居間.寝室」は、今回も戸口から垣間見るだけでした。

尚詳細に就いては、前回のデコ展の際に散々既述済みですので下記山椒の事です。
ルネ.ラリック、アンリ.ラパン等に興味のある方はどーぞ。↓
http://bamboo-bar.air-nifty.com/blog/2008/10/index.html

100329163142

【写真左】邸宅から茶室に向かう途中にて。
「薇」です。
「春の味覚」、否々「春の息吹」を庭園の道端で発見し、チョッと御満悦な私めでありました。

|

2010.03.29

●「祝.開店」

本日、ミヤコは富小路四条上ル「四富会館」で一軒のお店が暖簾を掲げました。
主は個人的な知り合いで御座います。

元々錦市場でトーフ屋を営んでいた彼は、何処で如何間違ったのか洋酒酒場の世界にどっぷりと両足を突っ込み、事もあろうかトーフ屋店内で「ジンフィーズ」やら「ハイボール」やら「ミズワリ」を売り出し始め、遂には自ら飲食店への道を志す様になりました。

で、宿願叶って今回の事の運びとなってしまった訳です。

まぁ、「なっちゃったもの」は仕方無し。
後はヤクザ家業を極めるべく、日々邁進する事を切に願うだけです。

そんな訳で遠く坂東の地より、「えーヤツ」の新しい船出を乾杯
「おきばり」、清水くん。「食堂清水」

|

●一段落

えー、いつもお世話になっております。
現在「無職」改め「フリーター」の弊亭酒司で御座います。

此処の所処、件事情に由りまして引き受けた仕事が可也の「てんやわんや」状態。
「ON⇔OFF」の境目が無い十日間を過ごしており、弊ブログの更新もすっかり「御座なり」になってしまいました。

で、まぁそっちの方も先週にて一段落、取敢えずヤマは越したものと思われます。

と云う訳で亦、「ちょくちょく」と打ち綴っていく事と致しまする。

|

2010.03.26

●只今六合目

えー、いつもお世話になっております。
現在「無職」改め「フリーター」の弊亭酒司で御座います。

散々記述済のハナシではありますが、私め今月より「とある筋」の依頼で某飲み屋の立ち上げを頼まれ、オブザーバーとして現場に立っております。

で、まぁやる事の多い琴多い古都。
でなもんで特に先週三連休からずーっとバタバタカタカタしておりまして、ブログの更新なぞやってる場合では有馬線でした。

まぁ何とか今週末で「取り敢えず」のヤマは越せるかと。

但し来月より、愈々「本丸」の改革に着手しなくてはなりません。
今迄はどちらかと云うと「ハード」ワークでしたが、これより「ソフト」のスクラップ&ビルド。
「神経戦」に突入致しまする。

嗚呼、木が想い…。

|

2010.03.21

●山は越えたか?

「今何日何時の何曜日?」。
そんな事すらおぼろげになっている此処数日間。

件某店立ち上げ中の私め、只今ハード面とインフラ整備に追われております。
で、今週末から来週半ば迄が作業のピーク、文字通り「寝る間」も御座いません。
そんな訳で此処四日間、「怒涛のタイムテーブル」を記しておきます。

3/18(木) 22:00 店頭業務開始
             ¦
3/19(金) 03:00  店頭業務終了
             ¦ 
3/18(木) 06:00  打ち合わせ終了 
3/18(木) 07:00  帰宅 自宅にてドリンクメニュー校正  店頭看板用資料作成
             ¦
3/18(木) 14:00  同.終了
3/18(木) 14:30  東急ハンズに看板用資材買出し  目白田中屋に仕入れ
             ¦
3/18(木) 17:30  買出し終了 帰宅
3/18(木) 18:30  仮眠
3/18(木) 20:00  起床 出勤
3/18(木) 21:00  店頭業務開始
             ¦
3/20(土) 03:30  店頭業務終了
3/18(木) 04:00 店頭看板作製開始
             ¦
3/18(木) 08:00 同.終了 
3/18(木) 09:30 フードメニューデータ取り込み 店内改装打ち合わせ終了
3/18(木) 10:30 帰宅 フードメニュー作製開始
3/18(木) 13:00 遂に脳内電源シャットダウン 就寝
             ¦
3/18(木) 21:00 起床 暫くボーっとする
3/18(木) 22:00 フードメニュー作成開始
             ¦
3/21(日) 03:30  フードメニュー作製終了
3/18(木) 04:00 店頭補助看板用データ作製 取り込み
             ¦
3/18(木) 07:00 同.終了
3/18(木) 08:00 自宅を離れドトールにてスタッフ面談用資料作製
             ¦
3/18(木) 11:00 同.終了
3/18(木) 11:30 三日振りに落ち着いてマトモな食事をとる ←今ココ
3/18(木) 16:00 東急ハンズに資材買出し(予定)
3/18(木) 18:00  店舗にて店内装飾.雑用 及びミーティング(予定)
             
3/18(木) 21:00  同終了 帰宅(予定)
3/18(木) 23:00  フードメニュー校正終了(予定)

因みに此処三日間の睡眠時間は7時間半。
昨夜から今昼迄の珈琲消費量は約1.5ℓ、同煙草は2箱半。

ずーっとこんな生活していると「間違い無く早死にするな」。
と生命の危険を感じつつある、三連休中日の昼最中で御座いました、とさ。

|

2010.03.19

●「おおえやま いくののみちの とおければ」

えー、いつもお世話になっております。
現在「無職」改め「フリーター」の弊亭酒司で御座います。

過去ログを振り返って頂ければ解る様、私め現在複数の仕事を同時進行でこなしており、難易度の多少はあるものの結構難題が山積しています。

況してや実際、自らの手でその問題を解決していく訳にはいかないもの。
基本的に短期間でそのお店を離れるものですから、オブザーバーの立ち位置から問題提起と解決方法の糸口を与えてあげる事は出来ても、最終的には現場スタッフの姿勢と判断に委ねるしか無いのです。
何でもかんでも自分が率先してやる芸風の私めにとりまして、これはチト辛いもの。

序で赤坂の件や個人的な問題も御座いましてストレスは溜まる一方。
只今「虞や虞や」四面楚歌的な有様で御座います。

私め、一定方向からの大きな荷重(問題)には結構強いのですが、多方面複数からの負荷には意外と脆い方なのです。

そんな訳で「頭の痛い事」多発、若干「ヘタっている」今日此頃でありました、とさ。

|

2010.03.18

●「エミリオ.プッチ」

弊亭「ウェブログ」なるものを始めまして三年余りが経過致しますが、「ファッションネタ」を持ち出したのは恐らく今回が初めてだと思います。

「エミリオ.プッチ」。
果たして「如何転んでも」弊亭のブログに出てくる話柄ではありません。
勿論私めが好んで着ている訳でも無く、本来「縁も所縁」も無いブランドの筈で御座いました、が…。
ミヤコ諸変態方々の鳥餅もあり、同社のエラい方と一寸だけ誼があるのでした。

そのエミリオ.プッチさんと西陣織職人さんとが共同開発した新作品がコレ。
コラボ内容に就きましては、下記記事を山椒にして下さい。
若しそのうち「プッチ柄.西陣織且つ防水素材.ロシニョール提携」のスキーウェアが出来たなら、私めも購入するかも知れません。

そんな訳でゴンドウさん、おきばりです。
ノートとカレンダー、大切に使わせて頂いてますので。

P20100317000096西陣織で「プッチ柄」帯を開発
幻の絹糸と技 世界へ
イタリアのファッションブランド「エミリオ・プッチ」が、西陣織の技術と幻の絹糸「10中(となか)」を使った西陣帯を開発した。京の職人が一から協力し、世界的に人気を集める色鮮やかなプリント「プッチ柄」を織で再現し、最先端デザインと和装文化を融合させた作品を生み出した。
西陣織の技を評価したプッチが、世界基準のオリジナル帯作りを計画した。メーカーとのライセンス契約による一時的なコラボ商品などではなく、職人たちと二人三脚で新作を開発し、和装の需要開拓にもつなげようと、京都市北区の勝山商店などと制作を進めた。
帯の材料には、入手が難しく、微風が吹いても絡まるため密室で手作業で引かなければならないほど超極細な絹糸「10中」を使う。プッチ柄のデザインや色を織で再現するために染料も海外から取り寄せ、糸染めや紋図、織りなど各工程で職人が試行錯誤を重ねた。
創業者の娘のラウドミア・プッチさんも京都を訪れ、帯の柄や色、ロゴなどをチェック。妥協を許さないものづくりに職人たちも改良を重ねて応え、2年近くかけて全体に柄の入った3種類の帯を織り上げた。
曲線も多い複雑な柄には随所に隠し糸も必要で、通常の帯の5倍以上時間がかかる。受注による少量生産だが、職人は「商売じゃない。無理と思う作業に挑戦し、後世に残る品が出来た。業界の刺激になる」と話す。
「エミリオ・プッチ カンパニー」の権藤嘉江子プレジデント&CEOは「創業家が織物工場を持っており、フィレンツェと京都は姉妹都市で、ルーツが重なっている。帯はもちろん、伝統と革新のチャレンジ自体が美しく、思いに応えてくださった職人さんたちに感謝したい」と話す。
(文.写真共 京都新聞3/17
より)

|

2010.03.17

●「お松明」

えー、二泊三日の白馬遠征より只今帰宅した所処。
そんな訳で一昨日の事ではありますが、「我が地元」のお話を一つ。

一昨日、嵯峨野清涼寺で、春を迎える風物詩「お松明」が行われました。

此処釈迦堂さんは、平安以来の由緒を持ちながらも所謂観光色の薄いロコ寺刹。
寧ろ地元民にとって近しい存在で、中京の六角さん.左京の黒谷さん.上京の千本さんに該当する所処とでも申しましょうか。

雪月花兼ね揃えた景勝地にて四季遍く折々の祭催事が営まれる嵯峨嵐山ですが、この「お松明」は地元色の強いビッグイベント。
角云う私めにとっても、幼少の頃から「お楽しみ祭事」の一つでした。

そして「お松明」を終えると、嵯峨野にも本格的に「春」がやって参ります。

P20100315000194_2雨中に舞う、大松明の炎
右京・清凉寺
京都三大火祭りの一つ、清凉寺(京都市右京区)の「お松明(たいまつ)式」が15日、営まれた。春を告げる大松明の炎が雨雲を払うかのように燃えさかり、境内に集まった人々を照らし出した。
釈迦(しゃか)が入滅した日に遺徳をしのぶ「涅槃(ねはん)会」にちなんだ行事で、釈迦を荼毘(だび)にふす様子を表したとされる。
境内に置かれたのは、早稲(わせ)、中稲(なかて)、晩稲(おくて)に見立てた高さ約6メートルの大松明3基。本堂での法要を終えた僧侶や保存会員たちが周囲を練り歩き、午後8時半ごろに点火した。読経の声が響く中、炎は次第に燃え上がり、参拝客はため息をつきながら、舞い散る火の粉の行方を目で追っていた。
(文.写真共 京都新聞3/15
より)

|

2010.03.15

●最後の「聖地巡礼」

公用私用、約束突発、遠方近場、種々混在ドタバタの日曜日を過ごした私め。
全ての所用を終えたのが月曜日も午前四時になろうかとする時刻でした。

充実疲労入り混じる中漸く一息、その儘床に入りたいのは山々なのですがそういう訳にも参りません。
何故なら今日からは今季最後の「聖地巡礼」、白馬に向かうのですから。

そんな訳で徹夜明けの雪山行脚、今から「あさま」で起きているのでありました。

|

2010.03.14

●Garmisch(GER) SL速報

FIS W-Cup男子スラローム最終戦、ガルビッシュ(ドイツ)のレース速報。

Gap2011logo今季W杯最終戦、上位ランク25名だけが参戦出来る「ザ.ファイナル」。
ジャパンからは佐々木明.湯浅直樹が出場、スタートビヴは佐々木24番.湯浅23番。

オリンピック落選を機に本格化、此処数レース確実に結果を残している湯浅に大きな期待がかかりますが、残念乍ら一本目DNF。
まぁ「狙って」いった結果なので仕方ないでしょう。
一本目11位につけた佐々木は二本目も完走、11位でフィニッシュ。

優勝はホスト国の面目躍如、地元ドイツのノイロイター。
二位にはプランガーが今季二度目の表彰台、三位はバンクーバーの勢いそのままにアンドレミラーが入りました。

Rank/Bib/FIS Code  /Name/Year/Nation  /Run 1/Run 2/Total Time/FIS Points

1 3 201702 NEUREUTHER Felix 1984 GER 50.50 53.13 1:43.63 0.00
2 11 50624 PRANGER Manfred 1978 AUT 49.85 54.07 1:43.92 1.68
3 10 501017 MYHRER Andre 1983 SWE 50.08 53.90 1:43.98 2.03
4 7 191459 LIZEROUX Julien 1979 FRA 50.90 53.18 1:44.08 2.61
5 13 102435 JANYK Michael 1982 CAN 50.34 53.84 1:44.18 3.18
6 9 102239 COUSINEAU Julien 1981 CAN 49.94 54.39 1:44.33 4.05
7 6 510890 ZURBRIGGEN Silvan 1981 SUI 50.85 53.81 1:44.66 5.96
8 12 292491 MOELGG Manfred 1982 ITA 50.76 54.16 1:44.92 7.47
9 1 50605 HERBST Reinfried 1978 AUT 50.92 54.45 1:45.37 10.07
10 5 380260 KOSTELIC Ivica 1979 CRO 51.72 53.71 1:45.43 10.42
11 24 301312 SASAKI Akira 1981 JPN 51.21 54.49 1:45.70 11.98
11 20 910000 IMBODEN Urs 1975 MDA 51.67 54.03 1:45.70 11.98
13 21 534040 COCHRAN Jimmy 1981 USA 51.79 54.08 1:45.87 12.97
14 17 192506 MISSILLIER Steve 1984 FRA 51.23 54.90 1:46.13 14.47
15 2 53831 HIRSCHER Marcel 1989 AUT 51.61 54.57 1:46.18 14.76
16 15 501111 HARGIN Mattias 1985 SWE 51.55 54.72 1:46.27 15.29
17 19 501223 BAECK Axel 1987 SWE 52.31 54.10 1:46.41 16.10
18 25 102912 SPENCE Brad 1984 CAN 57.36 53.77 1:51.13 43.42
Did not finish 2nd run
26 511908 SCHMIDIGER Reto 1992 SUI
18 421400 MYHRE Lars Elton 1984 NOR
16 534562 LIGETY Ted 1984 USA
14 560355 VALENCIC Mitja 1978 SLO
4 50625 RAICH Benjamin 1978 AUT
Did not finish 1st run
23 301709 YUASA Naoki 1983 JPN
22 511127 GINI Marc 1984 SUI
8 293098 RAZZOLI Giuliano 1984 ITA

|

2010.03.13

●三月十三日(土) 快晴

春分を間近に控えた週末は土曜日。
今日は終日「立夏の頃」を思わせる晴朗な陽気にて、絶好の行楽日和で御座いました。

こんな麗らかな休日は「何処か遠出」と迄は往かなくとも、家の近所を散歩したり、お買い物へ出掛けたり、公園でのんびりしたり…。
一寸外へ出てお日様の陽光を浴びるだけでも清々しい気持ちになるものです。

が、私めはと申しますと…。

件の依頼事項に伴うデスクワークで、一日中「部屋の中」におりました。
「メニュー」作ったり、「加工写真」作ったり、「店舗運営に関する各種書式」作ったり、「人事考課」作ったり、「議事録の雛形」作ったり、「立看板のデザイン」作ったり、「面看版のデザイン」作ったり…。

果たして「本職」を疑う事務仕事に追われておりまする。

そんな訳で、気付けば窓の外は真っ黒。
「A4コピー用紙」「資料レジメ」「ディスク」の海の中、パソコンの前で「雁字搦め」な一日でありました、とさ。

|

2010.03.10

●Kranjska Gora(SLO) SL速報

FISヨーロッパカップ.スラローム最終戦、クラニスカ.ゴラ(スベロニア)の結果速報。

今回ジャパン勢は「ザ.ファイナル」を控えた、佐々木明.湯浅直樹の両名が参戦。
湯浅が前回に引き続き六位に入賞、佐々木は一本目DNFと云う結果でした。

湯浅はこの調子だと、本当に最終戦で何かやってくれそうです。

いゃあ、13日が楽しみ楽しみ。

|

2010.03.09

●「フリーター生活」順調です

えー、いつもお世話になっております。
現在「無職」改め「フリーター」の弊亭酒司で御座います。

既述の通り、今月よりとある筋の依頼で某飲み屋の立ち上げを頼まれ、オブザーバーとして現場に立っております。
尤もお店に責任者が二人も居てはマズイものでして、お客さんには「短期アルバイト」と云う触れ込みで入店しております。

で、今手をつけている事と云うのは…。
「販促ツールの再整備」「店外の引き込みツール」などインフラの整備に加え、「店舗経営計画」「OJT育成要綱」「PDC確認」等々、監督者用業務マニュアルの作成。
どー見てもバーテンダーさんの仕事ぢゃありません。
まぁ「昔とった杵柄」がこんな所処で約に立つのも、何かの因果でしょう。

尚余談ですが、私が昔お世話になっていた会社はトラブル続き。
新聞紙上を賑わしたかと思うと、現在大規模なリストラをやったりしております。
約三百人いた同期入社の輩の身の上を考えると、チト心配になったりするもの。

で、モノはついで、また別店舗の外装デザインもやる事になりました。

そんな訳で無職乍らに他事多用。
順調な「フリーター生活」を送っているのでありました、とさ。

|

2010.03.08

●Platak(CRO) SL速報

FISヨーロッパカップ.スラローム第十戦、Platak((クロワチア)の結果速報。

オリンピック直後と云う事もあり、ジャパン勢は湯浅直樹のみの参戦。
今回も六位に入賞しました。

リザルトだけを見ると二本とも無難に纏めた様子、一月下旬より本当に安定した滑りを続けており、オリンピック選考漏れをきっかけに「本格化」した感があります。

この調子だと今季の「ファイナル」ガルビッシュは本当に何かやってくれるかも。
来季は佐々木明と共に第一シードに定着して欲しいものです。

|

2010.03.07

●フォークダンスDE成子坂

弥生を迎えたトーキョーでは、二日と置かぬ糠雨模様。
果たして折角の週末も「雨に祟られた」休日となりました。

所処で此処最近の私めのルーティーン。
「苟且」な仕事を終えた後、深更刻に「梅見」をしております。
それで、場所はと云うと…。

『梅見と云えば「天神さん」と相場が決まっております。』

100306_005

100306_007そんな訳で家の近所、成子天神さんで一服してから帰宅するのが最近の日課です。

「桃節句の頃に夜半の観梅」。
少し驕った風流ではありますが、春雨に濡ぼつ夜梅と云うのも、亦宜しいものでして。

|

2010.03.06

●節気.啓蟄

「来週からはゴールデンウィークだね」

なんて云っても差し支え無い様な金曜日の陽気とは打って変わり、終日「霖雨」に祟られている今日土曜日。
尤も雨脚は「濡れて行って」も差し支えない程度、「しとしと」と静かに降る様は果たして「春雨」のそれ。
ぶり返した寒さの中にも、早春気配が感じられるものだったり致します。
「一雨毎の暖かさ」の言葉通り、春分前の風物詩みたいなものでしょうか。

長雨模様の落ち着く頃は、恐らく三月も中旬。
「桃始笑」の頃を過ぎ、瞬く間に「桜始開」の時節を迎えます。
こうして「春」は少しずつ近づいてくるのでしょう。

…、そして「竹の節目」が継げるのも、間も無くだと思います。

|

2010.03.05

●「影日向五三小桐」

先日、ミヤコは修学院より、一包の小荷物が届きました。

100302_003
それは昨年九月に帰京の折、工房にお伺いして作製をお願いしていた品。
弊亭再開にとって、「不可欠」なもので御座います。

100302_007
包みを開けてみると、中には「雲母五三小桐.桂離宮使用」。
そう、唐長さんの唐紙です。

こうして「弊亭再開」の準備は着々と整いつつありますが…。
尤も肝心なピースが中々埋まらないのが困り物。

それが「在処」だったりするのは、云う迄もありません。

|

2010.03.04

●上巳「下鴨神事」

昨日は三月三日「上巳」、五節句の一にて雛祭りの日。
ミヤコでは至る所処で祭事執り行われていた様子です。

尤も「桃の節句」は女の子のお祭りにて、私め&「酒飲みお内裏様」には余り関係ないかも知れません。
そんな有様は古より童謡にも歌われていたりして。

すーこし 白酒召されたか♪ あーかい お顔の右大臣♪
(『うれしいひなまつり』 三番より抜粋)

と云う訳で下記記事は下鴨さんの様子。

P20100303000073女児の成長、人形に託し
下鴨神社で「京の流しびな」

桃の節句の3日、京都市左京区の下鴨神社で「京の流しびな」の行事があり、平安貴族の衣装をまとった男女が境内の御手洗川に和紙で作った人形を流した。

女の子が無事に育つことを願い、災厄をはらう人形を身代わりに川に流した習慣を伝えるため、京人形商工業協同組合が毎年催している。

今年は、中京区の食品会社役員田附剛平さん(30)と史恵さん(27)の夫妻がそれぞれ束帯と十二単(ひとえ)をまとって参加した。神事の後、2人が川のほとりからわらの舟に乗せた人形を流し、多くの観光客がカメラを向けていた。京都タワーのキャラクター「たわわちゃん」も平安装束で人形を流して行事に花を添えていた。

(文.写真共 京都新聞3/
3より)

|

2010.03.03

●「2010.ジャパン」スコッド発表

えー、「桜の頃」を前にして、「サクラのジャージィ」のお話。
尤も、例に由って殆どの方々は興味の無い話柄かと思いますが…。

10_3

猿3月1日、ラグビー日本代表「2010年度.第一次スコッド」が発表されました。
この62名からフィットネステストを経て、3月18日に「日本代表選手30名.育成選手5名」が選出されます。

で、今回のスコッドなのですが、概ね「順当」では無いでしょうか。

「この選手が何故入っている」「あの選手は何故漏れている」なんてのも数名見られますが、この手の選考には避けられない事。
寧ろ62名も選ばれている第一次選考に有力選手が漏れている方がオカシイもの。
これからの絞込みの方が却って重要なものなのです。

ワールドカップ迄あと一年、先ず試金石は「パシフィックファイブネーションズ」。
JK体制も早や四年目、お手並み拝見と参りましょう。

Posi
tion
氏名 所属 年齢
(学年)
出身校 身長
cm
体重
kg
生年月日 キャ
ップ
PR1
3
平島 久照
Hisateru HIRASHIMA
神戸製鋼コベルコスティーラーズ
KOBE STEEL Kobelco Steelers
27 福岡大学
Fukuoka Univ.
180 115 1983.1.15 10
川俣 直樹
Naoki KAWAMATA
三洋電機ワイルドナイツ
SANYO Wild Knights
24 明治大学
Meiji Univ.
184 118 1985.10.31 5
金井 健雄
Tateo KANAI
サントリーサンゴリアス
SUNTORY Sungoliath
25 慶應義塾大学
Keio Univ.
176 110 1984.11.5 4
HO
5
松原 裕司
Yuji MATSUBARA
神戸製鋼コベルコスティーラーズ
KOBE STEEL Kobelco Steelers
30 明治大学
Meiji Univ.
180 95 1979.9.5 23
安江 祥光
Yoshimitsu YASUE
神戸製鋼コベルコスティーラーズ
KOBE STEEL Kobelco Steelers
25 帝京大学
Teikyo Univ.
175 100 1984.8.25 2
堀江 翔太
Shota HORIE
三洋電機ワイルドナイツ
SANYO Wild Knights
24 帝京大学
Teikyo Univ.
180 104 1986.1.21 2
木津 武士
Takeshi KIZU
東海大学
TOKAI Univ.
21(3年) 東海大仰星高校
Tokai Univ.Gyosei HS
183 110 1988.7.15 1
湯原 祐希
Hiroki YUHARA
東芝ブレイブルーパスTOSHIBA Brave Lupus 26 流通経済大学
Ryutu Keizai Unv.
173 105 1984.1.21 -
PR3
5
畠山 健介
Kensuke HATAKEYAMA
サントリーサンゴリアスSUNTORY Sungoliath 24 早稲田大学
Waseda Univ.
178 122 1985.8.2 10
山下 裕史
Hiroshi YAMASHITA
神戸製鋼コベルコスティーラーズ
KOBE STEEL Kobelco Steelers
24 京都産業大学
Kyoto Sangyo Univ.
183 125 1986.1.1 8
仲村 慎祐
Shinsuke NAKAMURA
日本大学
NIHON Univ.
22
(4年)
報徳学園高校
Hotoku Gakuen HS
190 115 1987.8.18 2
藤田 望
Nozomu FUJITA
ホンダヒート
HONDA Heat
25 中央大学
Chuo Univ.
191 115 1984.10.2 -
新田 浩一
Koichi NITTA
東海大学
TOKAI Univ.
21
(3年)
東海大仰星高校
Tokai Univ.Gyosei HS
183 113 1988.6.27 -
LO
8
大野 均
Hitoshi ONO
東芝ブレイブルーパス
TOSHIBA Brave Lupus
31 日本大学
Nihon Univ.
192 105 1978.5.6 37
北川 俊澄
Toshizumi KITAGAWA
トヨタ自動車ヴェルブリッツ
TOYOTA Verblitz
29 関東学院大学
Kanto Gakuin Univ.
195 110 1981.2.7 25
ルーク・トンプソン
Luke THOMPSON
近鉄ライナーズ
KINTETSU Liners
28 リンカーン大学
Lincoln Univ.
195 108 1981.4.16 18
北川 勇次
Yuji KITAGAWA
三洋電機ワイルドナイツ
SANYO Wild Knights
23 関東学院大学
Kanto Gakuin Univ.
195 114 1986.8.11 5
眞壁 伸弥
Shinya MAKABE
サントリーサンゴリアス
SUNTORY Sungoliath
22 中央大学
Chuo Univ.
192 110 1987.3.26 1
飯島 陽一
Yoichi IIJIMA
三洋電機ワイルドナイツ
SANYO Wild Knights
26 大東文化大学
Daito Bunka Univ.
188 102 1983.9.6 -
中田 英里
Eiri NAKADA
早稲田大学
WASEDA Univ.
21
(3年)
成蹊高校
Seikei HS
193 108 1988.11.16 -
三上 匠
Takumi MIKAMI
東海大学
TOKAI Univ.
19
(1年)
青森工業高校
Aomori Technical HS
192 94 1990.5.15 -
FL
8
菊谷 崇
Takashi KIKUTANI
トヨタ自動車ヴェルブリッツ
TOYOTA Verblitz
30 大阪体育大学
Osaka University Of
Health And Sport Sciences
187 100 1980.2.24 28
中山義孝
Yoshitaka NAKAYAMA
トヨタ自動車ヴェルブリッツ
TOYOTA Verblitz
27 同志社大学
Doshisha Univ.
184 106 1982.8.6 11
タウファ統悦
Touetsu TAUFA
近鉄ライナーズ
KINTETSU Liners
29 日本大学
Nihon Univ.
183 108 1980.10.8 9
マイケル・リーチ
Michael LEITCH
東海大学
TOKAI Univ.
21
(3年)
札幌山の手高校
Sapporo Yamanote HS
190 103 1988.10.7 9
佐々木 隆道
Takamichi SASAKI
サントリーサンゴリアス
SUNTORY Sungoliath
26 早稲田大学
Waseda Univ.
184 98 1983.10.30 6
ダニエル・ケート
Daniel QUATE
トヨタ自動車ヴェルブリッツ
TOYOTA Verblitz
29 ネーピアボーイズ高校
Napier Boys HS
195 111 1980.4.2 1
シオネ・バツベイ
Sione VATUVEI
三洋電機ワイルドナイツ
SANYO Wild Knights
26 拓殖大学
Takushoku Univ.
189 100 1983.3.14 -
金 栄●(金へんに大)
Kim YOUNGDAE
ホンダヒート
HONDA Heat
27 大阪産業大学
Osaka Sangyo Univ.
179 94 1982.10.20 -
No.8
4
ホラニ 龍コリニアシ
Ryukoliniasi HOLANI
三洋電機ワイルドナイツ
SANYO Wild Knights
28 埼玉工業大学
Saitama Institute of Technology
188 111 1981.10.25 8
豊田 将万
Masakazu TOYOTA
コカ・コーラウエストレッドスパークス
COCA COLA West Red Sparks
23 早稲田大学
Waseda Univ.
189 108 1986.5.15 5
豊田 真人
Masato TOYODA
東芝ブレイブルーパス
TOSHIBA Brave Lupus
25 東海大学
Tokai Univ.
186 108 1984.11.29 1
谷口 到
Itaru TANIGUCHI
神戸製鋼コベルコスティーラーズ
KOBE STEEL Kobelco Steelers
25 筑波大学
Tsukuba Univ.
190 110 1984.10.1 -

Posi
tion
氏名 所属 年齢
(学年)
出身校 身長
cm
体重
kg
生年月日 キャ
ップ
SH
4
吉田 朋生
Tomoki YOSHIDA
東芝ブレイブルーパス
TOSHIBA Brave Lupus
28 東海大学
Tokai Univ.
172 78 1982.2.22 20
田中 史朗
Fumiaki TANAKA
三洋電機ワイルドナイツ
SANYO Wild Knights
25 京都産業大学
Kyoto Sangyo Univ.
166 75 1985.1.3 14
矢富 勇毅
Yuki YATOMI
ヤマハ発動機ジュビロ
YAMAHA Jubilo
25 早稲田大学
Waseda Univ.
176 83 1985.2.16 13
後藤 翔太
Shota GOTO
神戸製鋼コベルコスティーラーズ
KOBE STEEL Kobelco Steelers
27 早稲田大学
Waseda Univ.
170 78 1983.1.7 8
SO
4
ジェームス・アレジ
James ARLIDGE
ニューポート・グウェント・ドラゴンズ
Newport Gwent Dragons【WAL】
30 オークランド大学
Auckland Univ.
187 93 1979.8.11 16
ショーン・ウェブ
Shaun WEBB
コカ・コーラウエストレッドスパークス
COCA COLA West Red Sparks
28 リンカーン大学
Lincoln Univ.
180 90 1981.12.30 16
入江 順和
Masakazu IRIE
三洋電機ワイルドナイツ
SANYO Wild Knights
28 関東学院大学
Kanto Gakuin Univ.
173 80 1981.9.30 1
山中 亮平
Ryohei YAMANAKA
早稲田大学
WASEDA Univ.
21
(3年)
東海大仰星高校
Tokai Univ.Gyosei HS
187 95 1988.6.22 -
WTB
10
小野澤 宏時
Hirotoki ONOZAWA
サントリーサンゴリアス
SUNTORY Sungoliath
31 中央大学
Chuo Univ.
180 87 1978.3.29 54
遠藤 幸佑
Kosuke ENDO
トヨタ自動車ヴェルブリッツ
TOYOTA Verblitz
29 法政大学
Hosei Univ.
186 90 1980.11.11 25
久住 辰也
Tatsuya KUSUMI
トヨタ自動車ヴェルブリッツ
TOYOTA Verblitz
28 大阪体育大学
Osaka University Of
Health And Sport Sciences
180 85 1981.3.20 3
坂本 和城
Kazuki SAKAMOTO
近鉄ライナーズ
KINTETSU Liners
29 法政大学
Hosei Univ.
181 89 1980.5.13 -
築城 昌拓
Masahiro TSUIKI
コカ・コーラウエストレッドスパークス
COCA COLA West Red Sparks
26 福岡大学
Fukuoka Univ.
176 88 1983.7.26 -
岩本 健一朗
Kenichiro IWAMOTO
トヨタ自動車ヴェルブリッツ
TOYOTA Verblitz
26 大阪体育大学
Osaka University Of
Health And Sport Sciences
185 85 1984.1.27 -
長友 泰憲
Yasunori NAGATOMO
サントリーサンゴリアス
SUNTORY Sungoliath
24 中央大学
Chuo Univ.
176 85 1985.5.3 -
山田 章仁
Akihito YAMADA
ホンダヒート
HONDA HEAT
24 慶應義塾大学
Keio Univ.
181 88 1985.7.26 -
野田 創
So NODA
帝京大学
TEIKYO Univ.
23
(4年)
名古屋工業高校
Nagoya Technical HS
182 88 1986.9.30 -
パエア・ミフィポセチ
Paea MIFIPOSETI
埼玉工業大学
Saitama Institute of technology
22
(3年)
正智深谷高校
Shochi Fukaya HS
176 107 1987.7.6 -
CTB
6
今村 雄太
Yuta IMAMURA
神戸製鋼コベルコスティーラーズ
KOBE STEEL Kobelco Steelers
25 早稲田大学
Waseda Univ.
178 95 1984.10.31 27
ブライス・ロビンス
Bryce ROBINS
NECグリーンロケッツ
NEC Green Rockets
29 ニュープリマスボーイズ高校
New Plymouth Boys H.S
183 90 1980.9.19 22
平 浩二
Koji TAIRA
サントリーサンゴリアス
SUNTORY Sungoliath
27 同志社大学
Doshisha Univ.
185 95 1983.1.12 18
ライアン・ニコラス
Ryan NICHOLAS
サントリーサンゴリアス
SUNTORY Sungoliath
30 オタゴ大学
Otago Univ.
192 100 1979.5.23 17
アリシ・トゥプアイレイ
Alisi TUPUAILEI
ホンダヒート
HONDA HEAT
29 リンウッド高校
Linwood College
187 116 1980.9.28 2
金澤 良
Ryo KANAZAWA
リコーブラックラムズ
RICOH Black Rams
28 法政大学
Hosei Univ.
174 86 1981.7.13 -
FB
5
立川 剛士
Goshi TACHIKAWA
東芝ブレイブルーパス
TOSHIBA Brave Lupus
33 関東学院大学
Kanto Gakuin Univ.
182 94 1976.11.25 14
有賀 剛
Go ARUGA
サントリーサンゴリアス
SUNTORY Sungoliath
26 関東学院大学
Kanto Gakuin Univ.
175 84 1983.11.3 14
五郎丸 歩
Ayumu GOROMARU
ヤマハ発動機ジュビロ
YAMAHA Jubilo
24 早稲田大学
Waseda Univ.
185 98 1986.3.1 10
松下 馨
Kaoru MATSUSHITA
ヤマハ発動機ジュビロ
YAMAHA Jubilo
26 日本大学
Nihon Univ.
185 86 1983.11.23 2
田邉 淳
Atsushi TANABE
三洋電機ワイルドナイツ
SANYO Wild Knights
31 クライストチャーチ教育大学
Christchurch College of Education
170 73 1978.6.25 -

|

2010.03.02

●矢庭なオハナシ

えー、いつもお世話になっております、現在無職の弊亭酒司で御座います。

昨日より月替わり三月。
春の訪れはもう目の前でありますが、現状私めを取り巻く状況は相変わらず。
未だ物件捜索中の段階にて、赤坂復帰の目途は立っておりません。

で、先日降って湧いたオハナシ。
ある筋の依頼で、「とある飲み屋」のオブザーバーとして現場に立つ事になりました。
その店舗は先日オープンした計り、要するに「立ち上げ屋さん」です。

と云う訳で、今日は初出勤の日。
因みに、何処のお店で仕事しているのかと申しますと…。

それは ヒ・ミ・ツ です

|

2010.03.01

●週末「湯島詣」

先週木曜日は道真さんの忌日。
全国各地の天神さんでは様々な「梅花祭」「梅まつり」が催された事でしょう。

所処で私め、此処二日続けて湯島方面に所用が御座いました。
そんな訳で折角の事、湯島天神さんに「観梅の風流」へと伺って参りました。

100227_001【写真左】夫婦坂入口の神紋提灯。
天神さんと云えば「梅鉢紋」ですが、但しその文様は各天満宮によって微細に異なります。
因みに湯島天神は、加賀(前田)梅鉢系譜の「大聖寺梅鉢」。

梅紋は「桐」「笹」と並び人気の高い家紋なので、数え切れない程の派生系があるのです。

100227_006
【写真上】梅花近景ニ写。左白梅、右紅梅。
境内開花状況は「白梅.満開/紅梅.七分」と云った具合。
但し今年は全般的に「ムラ咲き」で御座います。

100227_017
【写真上】本殿裏一写。
約300本ある境内梅木、中でも此処の「枝垂れ梅」の咲きっぷりが見事でした。

100227_018
【写真上】梅園全景。
主に白梅が植樹されております。
紅梅はもう少し楽しめそうも白梅はそろそろ散り始め、来週は一寸厳しいかも。

100227_016
【写真上】臥牛様一写。
「梅」と並ぶ天神さんのシンボル「撫で牛様」。
今年も頭を「なでなで」して参りました。
表鳥居左側に御鎮座されておりまする。

とまぁこんな所処でした。
因みに湯島さん「梅まつり」、昨年ログは下記山椒の事です。↓
http://bamboo-bar.air-nifty.com/blog/2009/02/post-16e2.html

|

« February 2010 | Main | April 2010 »