« ●移り気な恋 | Main | ●ヨコハマにて »

2010.06.19

●水無月の「をどり」

今年で十七回を迎える五花街合同特別公演「都の賑い」。
ミヤコ「夏至の頃」恒例催事になりつつあります。
下記事は昨日「総ざらい」の様子。

Kn20100618105635143l1優美 五花街総ざらい
五花街の芸舞妓計78人が競演する合同公演「都の賑い」のリハーサルとなる「総ざらい」が17日、京都市東山区の祇園甲部歌舞練場で開かれた=写真=。
各花街の師匠らが見守る中、芸妓らが長唄や清元を披露。続いて、6月に挿す柳の花かんざしを頭に飾った五花街の舞妓計20人が「京小唄」を一斉に踊り、立ち位置などを念入りに確認し、本番に備えていた。
主催の京都花街組合連合会の太田紀美会長は「日頃は異なる流儀で芸事を切磋琢磨している五花街が団結し、華やかな舞台をお見せしたいと思います」と話していた。
公演は19、20両日の午後2時、左京区の京都会館で上演される。京都伝統伎芸振興財団(075・561・3901)へ。
(文.写真共 読売新聞6/18
より)

|

« ●移り気な恋 | Main | ●ヨコハマにて »