« ●明け金曜日「2:20」 | Main | ●AMBITIOUS JAPAN »

2010.06.26

●「夏越祓」四日前

水無月晦日を彩る歳時記、神事「夏越祓」。
その風物とも云うべき「茅ノ輪くぐり」がミヤコ各所で始まっております。
そんな訳で下記事は北野さんの様子ですが、今年からは茅ノ輪の持ち帰りが禁止になったとの事。

因みに私めも近日中に帰京予定、今年はミヤコにて「厄災除け」に参じまする。

Kn20100626103609165l2_2茅の抜き取り ご遠慮を…
北野天満宮で大茅の輪くぐり
無病息災を願う「大茅の輪くぐり」が25日、京都市上京区の北野天満宮で行われ、早朝から大勢の参拝者が直径5メートルの輪をくぐり抜けた。
この日は同神社の祭神・菅原道真公の誕生日で、午前5時に開門。参道にある楼門に設置された茅の輪をくぐると、夏に病気にかからないとされる。民間伝承では「玄関先などに飾ると厄払いになる」と伝わるため、一部の参拝者は茅を抜き取っていった。
しかし茅の輪にはくぐった人々の罪や汚れが託され「持ち帰っても御利益はない」というのが同神社の見解だ。午前9時頃には茅の輪はほぼ竹組みだけになり、加藤晃靖権禰宜(ごんねぎ)は「多くの人にくぐってもらいたいが、あっという間になくなってしまう」と困惑。
(文.写真共 読売新聞6/26より)

|

« ●明け金曜日「2:20」 | Main | ●AMBITIOUS JAPAN »