« ●「文化の日」大一番 | Main | ●続.「菊花の頃」 »

2010.11.05

●菊花の頃

昨日はお昼過ぎより「あづま」の天神さんへ「菊花」を愛でに行って参りました。
目指すは文京区、湯島天満宮。
そんな訳で今日は「UD.人と動物」シリーズです。

101027_145759
【写真左】11/1から始まっている「湯島天神菊まつり」。
春日通り周辺の商店街では「地味~」に幟が掲げられておりました。
「白梅」と云う古式床しき名にしては、異国風情(東亜細亜)全開の商店街です。
【写真右】北門(夫婦坂)より一写。
この日は裏参道からの入山、因みに表参道は銅鳥居側(御茶ノ水方面)です

101103_017_2

【写真左】菊虎。
まぁネライは解るのですが、開花時期の読み違えも甚だしいですね。
何だか「みすぼらしい」を通り越して、「もののあはれ」すら感じてしまいます。

果たして「菊まつり」期間中に身体は黄色に染まるのでしょうか…。

101103_035

101103_034

【写真上.左】「龍馬菊」ぜよ。
湯島さんの菊まつりでは、毎年NHK大河ドラマをテーマとした菊人形が展示されています。
そんな訳で今年の菊人形はコレ。
如何やら配役の容姿は全く無視している模様です。
因みに昨年は「景勝」「お船」「兼続」&「喜平次(景勝)」「与六(兼続)」の2セットでした。

とまぁ、こんな所処にて。
「盆養」や「大作り」の様子は亦明日にでも。

|

« ●「文化の日」大一番 | Main | ●続.「菊花の頃」 »