« ●「小川和紙マラソン」後記 | Main | ●Val d Isere(FRA) SL速報 »

2010.12.14

●御祝儀は「舞扇」

「おことぉさんどす~」
「おめでとぅさんどす~」

昨日はミヤコ花街「事始め」。
祇園町でも「一足早い」新春の御挨拶廻りです。

この「事始め」、学生時分にこの界隈で仕事していた頃は何のこっちゃら解らず終いでしたが、着物姿のオネーさま方々が大挙移動される様は壮麗と云うか圧巻と云うか…。
巽新橋や一力の周辺は、正に「華の賑わい」だったのを覚えています。

と云う訳で、花街も是より本格的に「迎春」の支度。

20101213130258「おめでとうさんどす」 
花街で事始め
京都の花街などで迎春の準備を始める伝統行事「事始め」が13日、行われた。芸舞妓たちが芸事の師匠やお茶屋を回り、「おめでとうさんどす」と新年のあいさつを交わした。
京舞井上流家元の井上八千代さん宅(京都市東山区)のけいこ場には、弟子たちが届けた鏡もちがずらりと並び、新春の華やかな雰囲気が広がった。
午前10時すぎから芸舞妓たちが次々に訪れた。両手をついて「来年もおたの申します」と頭を下げると、井上さんは「おきばりやす」とにこやかに応じながら、時には引き締まった表情で舞妓にけいこの心構えを伝え、祝いの舞扇を手渡した。
舞妓の佳つ實さん(19)は「真新しい扇子をいただくと気持ちがしゃんとします」と心を新たにしていた。
この日から年末まで、花街では「お事多(ことー)さんどす」とあいさつする。
(文.写真共 京都新聞12/13より)

|

« ●「小川和紙マラソン」後記 | Main | ●Val d Isere(FRA) SL速報 »